大学案内

平成17年度 理事長・学長メッセージ

世界に通用する「高度研究型大学」 大阪府立大学 理事長・学長 南努

「高度研究型大学」を目指すときに重要なキーワードとなるのは
世界的な研究教育拠点の形成と高度専門職業人の養成です。

7学部6研究科を擁す全国有数の規模を誇る総合大学へ

 平成16年度までの大阪府立大学は、工学部、農学部、経済学部、総合科学部、社会福祉学部の5学部体制で、全学部に大学院研究科が設置され、そのすべての研究科で博士課程が整っていました。全学部の研究科に博士課程がそろっているのは、全国の約700の大学のなかでもわずかであり、こうした体制のもとでレベルの高い教育研究実績を築いてきました。

 平成17年度からは、大阪府立大学、大阪女子大学、大阪府立看護大学という異なった伝統をもった3大学が統合され、公立大学法人大阪府立大学として新たなスタートを切りました。新しい大学は、工学部、生命環境科学部、理学部、経済学部、人間社会学部、看護学部、総合リハビリテーション学部の7学部となります。総合リハビリテーション学部以外の6学部はいずれも博士課程まで整えた大学院研究科が設置されています。

 統合によって総合大学としての体制が強化され、幅広い基礎教育、全人教育を行っていきます。そして、世界に通用する「高度研究型大学」をめざして独創的で先駆的な研究にいっそう力を注ぎ、同時に、スケールメリットを生かして積極的に社会に貢献していく所存です。

新しい大阪府立大学が目指すもの 知の創造 知の継承 知の活用 地域貢献

新しい大阪府立大学が目指すもの

無限の可能性を広げる新時代の教育への取組み

 高等教育機関が機能別に分化していき、そのなかで個性や特色を明確にしなければならない場合、大学の有する機能は中央教育審議会の答申にもあるように次の7つがあげられます。

  1. 世界的研究・教育拠点
  2. 高度専門職業人養成
  3. 幅広い職業人養成
  4. 総合的教養教育
  5. 特定の専門分野(芸術、体育等)の教育・研究
  6. 地域の生涯学習機会の拠点
  7. 社会貢献機能(地域貢献、産学官連携、国際交流等)

 これを踏まえて、7学部6研究科を有する新しい大阪府立大学の個性をどこに求めるかといえば、5以外のどれもおろそかにはできません。いわゆる「レーダーグラフ」の放射状の図では、6つの要素がバランスよく分布して、大きな面積を描かなければなりません。なかでも、127の項目が、原点から出きるだけ遠くに位置することで、新しい大阪府立大学の個性となることを強く願っています。

 そして、大阪府立大学がめざすものを4つのキーワードとしてとらえることができます。世界的研究拠点としての「知の創造」、高等教育機関としての「知の継承」、産学官連携による「知の活用」、公立大学法人としては重要な役割である「地域貢献」です。本学ではそのために新たな組織・機関も設置され、対外的な取組みも始まりました。今後は本学独自の個性をより一層確立し、戦略的・弾力的な大学運営を展開することで、あらゆる大学が21世紀の方向性を模索するといわれる大競争時代を勝ち抜いていきます。

高度専門職業人の養成と教養教育の充実

 大学としての一番の使命は「知の創造」と「知の継承」だと私は考えています。

 本学では6学部に博士課程を完備した大学院研究科を有するという特長を生かして高度な研究に取組んでいきます。本学の教員一人あたりの論文発表数や特許取得数も非常に多く、また「21世紀COEプログラム」に採択されるなど、研究内容も高く評価されており、将来、研究者・技術者を目指す人にとっては非常に魅力的な大学です。

 また、実学を重んじてきた伝統を生かし「高度専門職業人の養成」にもさらに力を入れていきます。

 しかし一方では、学生たちが社会に出て新たな課題に直面したとき、適切に解決できる能力や人間力を養うことも大切な課題としてとらえています。そのため学部・学科を超えて、教養教育と基礎教育を提供する「総合教育研究機構」を設置しました。ここでは、国際社会で生き抜くための英語コミュニケーション能力の涵養、一般リテラシーということにとどまらない高度な情報教育の2つに特に重点を置いていきたいと考えています。

「知的財産ブリッジセンター」が推進する産学官の連携により、
開かれた大学として地域社会や大阪経済の活性に貢献できる大学へ…

産学官連携機構と知的財産ブリッジセンターの創設

 本学の知的財産ブリッジセンターの創設には、知的財産基本法の成立を受けてできた知的財産戦略本部(本部長・小泉首相)が各省庁等を通じて知的財産をどのような形で実現していくかというプロポーザルを公募したという背景があります。文部科学省は知的財産を活用して社会貢献を目指す大学作りを推進するため「大学知的財産本部整備事業」と銘打って、この事業に取り組む大学を公募しました。83件の応募があり34大学・機関が認められ、本学の「知的財産ブリッジセンター」の構想が公立大学としては唯一採択されました。

 従来あった先端科学研究所は「先端科学イノベーションセンター」として生まれ変わり、創設された「産学官連携機構」の中心拠点となり、「知的財産マネジメントオフィス」と「リエゾンオフィス」の2つの組織からなる「知的財産ブリッジセンター」とともにその一翼を担っています。そして、この「知的財産ブリッジセンター」において、大学が保有する特許や研究成果などの知的財産を活用して、関係機関と連携し、技術移転、地域産業の活性化に取り組んでいます。

 本学では、早くから産学官の連携を推進してきましたが、この考えを一歩進めて産学官金連携というシステムを作り、全国に先鞭をつけたと思っています。金とは地元金融機関のことで、産学官連携機構に金融機関からコーディネーターを派遣してもらい、学外の企業とのコンタクトを強くして、社会貢献・地域貢献に弾みをつけようというものです。産学官連携機構が停滞する大阪経済の再生とベンチャー誕生等に、貢献できる存在でありたいと考えています。

新しい大阪府立大学は、高度専門職業人、研究者、技術者への道をサポートします。

積極的でチャレンジ精神旺盛な高校生に大いに期待!

 本学では、これまで多くの留学生を受け入れるとともに、海外の大学との交流協定を結んで留学生・研究者の交流や学術研究の交流を活発に行ってきました。本学主催の国際学会もしばしば開催しています。現在、本学で学ぶ留学生は約200名です。グローバル時代の中で、今後国際交流はますます盛んになっていくと考えられ、留学生の相談なども専門に扱う「学生センター」も設置されました。また、新しい大学では学生の進路に対する就職指導もより一層充実させます。

 新しい大阪府立大学には、学生があらゆる分野に挑戦できる自由とチャンスが広がっています。積極的にアクションを起こすことで、学びたいことを学び、伸ばしたいところを伸ばし、可能性を大きく広げることができるでしょう。私が本学に入ってきて欲しいと願うのは、基本的能力に優れ、積極的でチャレンジ精神旺盛な若者です。教育というものは双方向のものですから、積極的にコミュニケーションをしながら発展していかないと成果が出ません。

 ここにきていただければ分かりますが、都市立地型の大学としてはキャンパスが広く、緑も豊かです。ゆったりとして落ち着いたキャンパスで、大学らしい雰囲気にあふれています。地元の人の散策やジョギングにもよく使われています。まさに、知の創造拠点にふさわしいキャンパスといえるでしょう。自ら学び、自ら習得するという強い思いを持って、ぜひ入学してきていただきたいというのが私の願いです。

2005年4月