大学案内

「新大学構想<提言>(案)」に係る学長からのメッセージ

新大学構想<提言>(案)について

 このたび、大阪府と大阪市が共同で設置する大阪府市新大学構想会議において、大阪の新たな公立大学像となる「新大学構想<提言>(案)」が示されました。
 同提言(案)では、本学と大阪市立大学を統合して新たな大学を設置することにより、世界の大学と戦えるさらに強い大学をめざすこととされています。
 具体的には、教育研究組織のあり方として、「地球未来理工学部(仮称)」や「人間科学域(仮称)」の設置をはじめとした学部・学域の再編、教養教育等の強化、それに加え社会人の教育を担う社会人大学院の充実など、公立大学としての役割を示す内容となっています。
 また、大学運営・ガバナンスの抜本的改革として、教員組織と教育組織の分離、教員人事の一元化、目標管理体制の構築、キャンパスガバナンスの構築、ブランド戦略の推進、事務組織の改革が提言されています。
 本学においては、平成17年度の公立大学法人化にあわせ、大阪府立大学、大阪女子大学、府立看護大学の三大学を統合し、教養教育の充実をはじめとした全学共通教育体制の推進、教員人事を人事委員会へ一元化、教員組織と教育組織の分離などの大きな改革に先行して取り組んできました。さらに、平成24年度からは、多様性を必要とする社会のニーズに応えるため、「現代システム科学域」「工学域」「生命環境科学域」「地域保健学域」からなる4学域13学類体制をスタートさせたところです。
 同提言(案)は、社会の変化に対応した本学のこれまでの改革をさらに進展させるものと受け止めているところであり、いろいろな課題はあると思いますが、学内での議論とともに大阪市立大学とも十分に連携・協議を行ってまいりたいと考えています。

受験生の皆さまへ

在学生の皆さまへ

平成24年12月28

公立大学法人大阪府立大学
理事長・学長 奥野武俊