大学案内

総合リハビリテーション学部・総合リハビリテーション学研究科 教育指針

1.総合リハビリテーション学部・同研究科の設置趣旨

近年、高度化する医療技術、少子・高齢社会への加速度的進行、生活習慣病の台頭にみる疾病構造の変動などにより、保健・医療・福祉を取り巻く社会情勢は大きく変化し、これらの制度も大きな改革が求められようとしている。従来は医療や介護サービスの技術や質の向上に力が注がれてきたが、今後はこれらに加えて、健康寿命の延伸のために、疾病や介護状態の予防にも重点がおかれ、これらを包含した高度な保健、医療、福祉の体制づくりや人材育成が必要となってきている。

このような社会情勢の中で、大阪府立大学総合リハビリテーション学部は、リハビリテーション医療におけるより高い専門能力の確保はもとより、他の専門領域との統合による相乗効果や、生活習慣病に多く見られる複合疾患を有する場合の各専門領域の関わり方など、広い視野と知識に基づく多面的な思考や分析・判断、さらには高い問題解決能力を兼ね備えた人材の育成を目指し設置した。

また、総合リハビリテーション学研究科は、人々の健康と生活の質の向上に貢献することにより高い資質を持った医療専門職者の育成、並びに生命の尊さと人の尊厳を重んじることを理念とし、予防から治療、回復、社会参加に至る総合的なリハビリテーションに関する深い探求心と洞察力を備え、相互の信頼と協働の重要性を理解し、責任ある判断、行動のできる豊かな人間性並びに専門性を有する人材の育成を目指し、修士課程(博士前期課程)を設置した。

さらに、今回、世界に通用する「高度研究型大学」を目指す大阪府立大学の一翼を担い総合リハビリテーション学に関する「世界的な研究拠点の形成」を目標に、教育研究のさらなる発展、また、この分野の質の高い研究者・教育者の育成のために、博士前期課程を基盤に、博士後期課程を設置した。

2.教育理念・目的

学士課程

生命の尊さと人の尊厳を重んじることを基礎にした専門知識・技術を教授し、豊かな人間性と深い教養を備え、保健・医療・福祉の向上と地域社会ならびに国際社会に貢献する総合リハビリテーション医療専門職者を育成する。

(総合リハビリテーション学部規程 第2条)


大学院課程

人々の健康と生活の質の向上に貢献しうる、より高い資質を持った医療専門職者の育成、並びに生命の尊さと人の尊厳を重んじることを基本理念とする。この基本理念のもとで、予防から治療、回復、社会参加に至る総合的なリハビリテーションに関する教育・研究を実践し、保健・医療・福祉の発展・向上に貢献できる人材を育成する。

博士前期課程

総合的なリハビリテーションに関する深い探求心と洞察力を備え、相互の信頼と協働の重要性を理解し、責任ある判断、行動のできる豊かな人間性並びに専門性を有する人材を育成する。

博士後期課程

生命の尊さと人の尊厳を重んじることを基礎に、より研究活動に重点をおいた教育を行い、総合リハビリテーション学領域における高度な知識や技術を持ち、総合的な視野や深い洞察力、独創性や自立研究能力を身につけ、豊かな人間性と深い教養を備えた人材を育成する。

(総合リハビリテーション学研究科規程 第2条)

3.教育課程編成の方針

学士課程

  • 総合リハビリテーション学部は、1学部3学科編成であり、予防から治療、回復、社会参加に関わる総合リハビリテーション学部の基礎とした、理学療法学、作業療法学および栄養療法学の有機的連携による教育を特色としています。
  • 教育課程は、共通教育科目(教養科目・基盤科目)、専門支持科目および専門科目で構成されています。共通教育科目は、人間と生活を理解し、科学的思考を養う授業科目です。専門基盤科目は専門教育の基礎として人間を生物学的、心理学的及び社会学的観点から学習すると同時に、それらを他方面的に理解していく授業科目です。専門科目は、各学科の専門科目を系統的に学習すると同時に、他学科の専門科目を同時に受講することが可能です。このことにより、従来の理学療法学、作業療法学および栄養療法学の専門能力を養うとともに、チーム医療実践の基盤を養っていきます。

大学院課程

  • 総合リハビリテーション学研究科博士前期・後期課程の教育研究上の理念・目的を踏まえ、学部と大学院博士前期課程と博士後期課程のそれぞれにおいて完結性をもたせた教育を行いつつ、しかも学部から大学院に至る一貫教育を行う。学部における理学療法学専攻、作業療法学専攻及び栄養療法学専攻分野の高度化・専門化をさらに推進するとともに、専攻学問分野を超えたところで実現される学際化・総合化を図るために、臨床支援系領域、生活機能・社会参加支援系及び栄養支援系領域に加え、横断的な学際領域を履修する課程からなる大学院の教育課程を編成しています。

4.アドミッション・ポリシー(学生受入の方針)

学士課程

総合リハビリテーション学部は、我が国で初めて「総合リハビリテーション」という名称を冠して開設された新しい学部です。いま保健・医療・福祉の領域では、複雑化したシステムと専門分化した知識・技術を、根幹にあるべきヒューマニズムと調和・発展させることが求められています。当学部では、1学部1学科3専攻という独特な学部構成のもとに、理学療法学、作業療法学、栄養療法学の3分野が有機的に連携して、疾病の予防から治療、回復、社会参加を総合的にとらえる新しいリハビリテーション学を創ろうとしています。したがって、総合リハビリテーション学部は、次のような有能で活力ある学生を求めています。

  1. 人との関わりを大切にし、相手に対する思いやりや愛情を適切に表現できるとともに、相手の主張や気持ちを受けとめる包容力をもった人
  2. 学問に対する興味と探究心をもち、知識と技術の習得に積極的に取組む人
  3. 将来、リハビリテーションを総合的にとらえることのできる理学療法士、作業療法士、管理栄養士として、人々の保健・医療・福祉に貢献しようとする熱意をもった人

大学院課程

本研究科は、人々の健康と生活の質の向上に貢献するより高い資質をもった医療専門職者の育成並びに生命の尊さと人の尊厳を重んじることを理念として、予防から治療、回復、社会参加に至る総合的なリハビリテーションに関する深い探究心と洞察力を備え、相互の信頼と協働の重要性を理解し、責任ある判断、行動ができる豊かな人間性並びに専門性を有する教育者・研究者の育成を目指しています。このような理念と目標を達成するため、次のような資質と能力、意欲をもった学生を求めています。

博士前期課程

  1. 疾病の予防や治療から障害の軽減、さらに主に障害児・者や高齢者の地域での自立生活や社会参加の支援等に至る、広範囲で総合的なリハビリテーションの展開に貢献しようという意欲をもった方
  2. 医療及び地域の実践場面における問題発見能力や問題解決能力をはじめ、実践研究の計画、情報処理、ディスカッション、プレゼンテーション等の各々の能力を高め、実践研究者としての資質を高めたいという姿勢と熱意をもった方
  3. 高い倫理観と豊かな人間性をもった方

博士後期課程

  1. 保健・医療領域において高度の知識や技術を有し、なおかつ総合リハビリテーション学領域において、更なる探究心を備えている方
  2. 将来、総合リハビリテーション学領域の高度専門職者、教育者、研究者として、地域社会及び国際社会において、自立してリハビリテーションの実践及び総合リハビリテーション学の発展に貢献する熱意をもった方
  3. 高い倫理観と豊かな人間性をもった方