大学案内

工学部・工学研究科 教育指針

1.工学部・工学研究科の基本理念

大阪府立大学大学院工学研究科・工学部は、科学と技術の融合である工学の領域において、真理の探究と知の創造を重視し、自然環境と調和する科学技術の発展を図り、持続可能な社会の発展と文化の創造に貢献することをその基本の理念とする。

2.教育目的

学士課程

工学部は、科学と技術の融合である工学の領域において、真理の探究と知の創造を重視し、自然環境と調和する科学技術の発展を図り、持続可能な社会の発展と文化の創造に貢献することをその基本の理念とする。この基本理念のもとで教育を実践し、幅広い総合的知識および工学分野の専門知識に基づき、直面する工学的問題を認識し、評価し、解決する基本的な能力を培い、創造性と個性を伸ばし、豊かな教養と高い倫理観のある人材を育成する。

(工学部規程 第2条)

大学院博士課程

工学研究科は、科学と技術の融合である工学の領域において、真理の探究と知の創造を重視し、自然環境と調和する科学技術の進展を図り、持続可能な社会の発展と文化の創造に貢献することをその基本の理念とする。この基本理念のもとで教育・研究を実践し、人と社会と自然に対する広い視野と深い知識をもち、豊かな人間性、高い倫理観、高度の専門能力を兼ね備え、工学における重要な課題を主体的に認識して問題の解決に努め、社会の発展、福祉の向上および文化の創造に貢献できる技術者・研究者を育成する。

博士前期課程は、工学分野の広範な専門知識の教授と研究指導を通して、基本的研究能力と問題解決能力を培い、自ら知的資産を創造し、新領域を開拓できる人材を育成する。

博士後期課程は、工学分野の高度な専門知識の教授と研究指導を通して、自立して研究活動を行い、その成果を総合評価する能力を培い、新しい知識を体系化し、先導的な工学領域を創生できる人材を育成する。

(工学研究科規程 第2条)

3.教育課程編成の方針

学士課程

工学部では、教育目的・目標を達成するため、共通教育科目、専門基礎科目、専門科目よりなる教育課程を編成する。

1・2年次では、共通教育科目、専門基礎科目の履修に加え、専門科目をできるだけ配当して教育研究へのモチベーションを高める。また、英語によるコミュニケーション基礎能力の育成や専門英語の習得を重視し、共通教育科目の英語12単位履修を義務づけるとともに、専門科目でも英語演習2単位を必修とする。また、一般情報科目は4単位を必修とし、基礎的な情報リテラシーを育成する。専門基礎科目は、各学科とも18~22単位を必修とし、専門科目の基礎となる数学や自然科学の知識を修得させ、1・2年次で開講する専門科目との並列的修得によりその応用能力を育成する。

3・4年次では、主に専門科目を配当し、講義・実験・実習・演習などを通して、専門分野に関する知識を教授し、それらを問題解決に応用できる能力を育成する。専門科目は卒業までに80~84単位履修する必要がある。

このほか、工学倫理および環境倫理を必修科目とし、専門的知識に加え高い倫理観を培えるように配慮する。また、自由選択枠(4単位)を設け、学生の主体的な関心や興味に基づき、学科、学部の枠を超えた自由な科目選択を可能とする。

大学院課程

工学研究科博士前期・後期課程の上記の教育研究上の理念・目的を踏まえ、学部と大学院博士前期課程および後期課程のそれぞれにおいて完結性をもたせた教育を行いつつ、しかも学部から大学院に至る一貫教育を行う。従来から重視してきた高度化・専門化をさらに推し進めるとともに、従来の各専攻が担当してきた学問分野を越えたところで実現される学際化・総合化を一層促進するように配慮する。そのため、博士前期課程では、伝統的な学問分野を中心に履修する課程と、学生の所属分野に軸足を置きながらも、複数の専攻・分野にわたる横断的な学際領域を履修する課程からなる、大学院の教育課程を編成する。学生は自らの学習目的に合わせて、いずれかの課程のなかから科目選択を行う。

また、博士後期課程では、自立した研究者として活躍できる、創造的研究開発能力とともに高度な指導能力の養成に重点をおく。

4.アドミッション・ポリシー(学生受入の方針)

学士課程

工学部は、かつての自由都市堺に立地し、その伝統的気風、すなわち「自由と進取の気風、新しい文化と産業の創造、世界雄飛」をモットーに、真理の探究と知の創造を重視し、自然環境と調和する科学技術の進展を図り、持続可能な社会の発展と文化の創造に貢献することをめざしています。

このために、人と社会と自然に対する広い視野と深い知識をもち、豊かな人間性と高い倫理観および専門能力を兼ね備え、工学における重要な課題を主体的に認識して問題の解決に努め、社会の発展、福祉の向上および文化の創造に貢献できる技術者・研究者を育てることを目標にしています。本学部の教育研究の理念の達成・実現に向けて、本学部は次のような資質と能力、意欲を持った学生を求めています。

  1. 工学を学ぶことに対する目的意識を明確に持ち、社会の発展に貢献する意欲を持っている人
  2. 自由闊達で何事にも興味を持ち、主体的、積極的に学び自ら新たな課題を見つけ研究をしていこうとする人

大学院課程

本研究科は、いにしえの国際自由都市堺に立地し、「自由と進取の気風、新しい文化と産業の創造、世界への雄飛」をモットーに、科学と技術の融合である工学の領域において、真理の探究と知の創造を重視し、自然環境と調和した科学技術の進展を図り、持続可能な社会の発展と文化の創造に貢献することを基本理念としています。

この基本理念のもとで、人と社会と自然に対する広い視野と深い知識を持ち、豊かな人間性、高い倫理観、高度の専門能力を兼ね備え、工学における重要な課題を主体的に認識して問題の解決に努め、社会の発展、福祉の向上、および文化の創造に貢献できる技術者、研究者の育成を教育研究の理念としております。

このような教育研究の理念の達成・実現に向けて、本研究科は次のような資質と能力、意欲を持った学生を求めています。

  1. 技術者、研究者として社会に貢献しようという意欲を持った方
  2. 技術が人・社会・自然に及ぼす影響について、深く考えようとする姿勢と強い責任感を持った方
  3. 科学技術の著しい進歩に対して、主体的、積極的に新しい分野を切り拓こうとする姿勢と熱意を持った方
  4. 高い基礎学力と豊かな専門分野の基礎知識を持ち、自ら未知の問題解決のために立ち向かおうとする意欲のある方
  5. 異なる文化を理解し、多彩で国際的なコミュニケーションを図ろうとする意欲を持った方

5.各学科・専攻の教育目的

学士課程

機械工学科

機械工学は、現代社会を支えるあらゆる機械、機器、構造物、設備、装置、プラント等、「機械」という範疇に含まれる全ての「もの」を対象として、「ものづくり」のための学理の構築と、「もの」の開発・設計・生産・運用を目的とした工学の重要な一分野である。近年、あらゆる「機械」には、高機能化、知能化、システム化等が求められ、更に、複雑化、多様化、複合化する人間活動との調和を十分考慮した機械システムの開発・設計・生産・運用が不可欠となってきている。一方、近年のエネルギー消費の増大に伴い、環境汚染問題が顕在化し、エネルギーの供給とそれに伴う環境汚染の防止を考慮した、人・環境と共存・共生する機械技術、機械システムの確立が求められている。これらの機械工学における重要な課題を主体的に認識し、その克服・解決を発想し得る豊かな素養、人間性、倫理観を育み、幅広い機械工学の専門教育を身につけた個性と創造性に富んだ機械技術者の育成をめざす。

上記の教育理念に基づき、機械工学全般にわたる幅広い基礎学理・基礎知識を十分身に付け、機械システム、エネルギーシステムの高度機能化・知能化・高信頼性に対応した専門知識を習得するような教育を行う。また、これらの学理・知識を基礎として、国際的な視野と感覚を持ち、人間としての倫理観を備え、人・環境と共存・共生できる機械技術、機械システムの発展を目指して、学際的な領域を含む幅広い分野で活躍できる個性と創造性の豊かな機械技術者の育成を目的とする。

航空宇宙工学科

航空宇宙の専門分野を深く極めると同時に、全地球的な視野から物事を総合的に考える能力、およびシステムデザイン能力を育成するとともに、自主的、継続的に学習し、可能性を切り開く能力、精神を涵養し、未来を担う人材の育成をめざす。

上記の教育理念を達成するため、以下の教育目的を定める。

  1. 航空宇宙の専門分野を深く極めると同時に、航空宇宙工学分野の特質である物事を総合的に考える能力、およびシステムデザイン能力を育成する。
  2. 航空宇宙工学分野で活躍できる専門的知識、能力を養うとともに、高い倫理観を持ち、幅広く工学全般に発展、寄与できる能力の育成を目指す。
  3. 自主的、継続的に学習し、自己を変革できる能力を育成するとともに、技術革新に挑戦し、可能性を切り開く能力、精神を養成する。
  4. 技術が社会や環境に及ぼす影響について理解し、技術者倫理や地球環境保全などを考慮して行動する能力を養成する。
海洋システム工学科

海洋における人間活動に関わるすべての技術は、人間および環境との調和の上にあるべきとの基本理念のもとに、海洋における各種の人工システムに関する研究、開発、設計、生産、運用を担う人材、および海洋環境の計測、保全、創造に寄与できる人材を育成する。

上記教育理念に基づいて、地球システムの中の海洋システムを理解するために、海洋環境およびその中で使用される人工システムに関する基礎学力をつけ、さらに専門知識を習得すると共に総合的に物事を考える能力を育成する。また、社会的倫理観を養い、国際社会においても活躍できるための自己表現力をつけ、幅広い分野で活躍できる創造性豊かな有能な人材として社会に送り出すことを目的とする。

数理工学科

現代の産業社会においては、最先端の自然科学と工学技術が相互に、かつ即時的に影響を及ぼしあって著しい進歩をとげており、工学全般の基礎となる応用数学・応用物理学教育の重要性はますます増大している。数理工学科では、工学への応用を常に念頭におき、その基礎となる応用数学・応用物理学を中心として有機的連携のもとに教育と研究を担当する。その教育の基本理念は、人知の最前線である応用数学と応用物理学の基礎的素養と工学への応用力を身につけさせると同時に、みずから問題を発見し解決してゆく意欲と能力をもった人材を育てることである。

数理工学科では、応用数学と応用物理学の素養に立って、数理工学の基礎と展開力を身につけさせ、境界領域や新領域をみずから切り拓く能力をもった人材を育成することを目的とする。このために

  1. 現代工学の基礎となる応用数学と応用物理学の知識をしっかりと教授し、高度産業化社会で活躍するための基本的能力を養う。
  2. 応用数学と応用物理学のそれぞれの専門分野における最先端の研究に参加させることで、将来、応用的研究や基礎研究にも携わりうる能力と意欲を身につけさせる。
  3. 専門分野の素養を社会に生かすことのできる倫理観と、グローバルな視点に立って行動できる社会性と国際性を養う。
電子物理工学科

昨今のグローバル情報化社会の要請に応えて、情報通信技術は周辺技術を取り込みつつ、ますます発達している。電子工学はその中核としてきわめて広範囲に高度専門化し、さらなる発展には確固たる物理的基礎に立脚した、より独創的な発想が強く要請されている。このような状況を踏まえ、電子物理工学科は従来の電子工学の範疇より一層、基礎的、物理的側面に力点を置いた教育を行い、幅広い物理的視野と電子技術の素養を持った、高い創造性を発揮できる技術者・研究者の育成をめざす。

教育理念にもとづき、電子系、数物系諸工学に関する基礎学力を十分身につけ、基礎物性にはじまり、電子デバイス応用、電子回路技術、システム制御、情報工学の基礎等の広範な専門知識に加えて幅広い教養と高い倫理観を習得し、さらに自ら課題を探究することにより、国際的、学際的に活躍できる個性と豊かな創造性をそなえた人材の養成を目的とする。

電気情報システム工学科

電気工学、情報通信工学、システム工学に関する幅広い知識を有機的に活用し、人と環境に優しいトータルネットワーク社会を切り開いていける独創的な技術者・研究者を育成する。

教育理念に基づいて、国際化・情報化に対応できる能力と広い視野および高い倫理観を培うとともに、講義・演習・実験・実習・卒業研究を通じて、電気システム、情報通信、およびシステム設計・運用法に関する技術を幅広く修得させ、豊かな人間性と柔軟な創造力をもって問題解決に取り組んでいける技術者・研究者を育成することを目的とする。

知能情報工学科

情報を知的に活用する知能情報社会の創造に貢献するため、ハードウェアの実現からソフトウェア構築までの情報技術の基礎的知識とその応用能力を身に付け、幅広い視野と豊かな人間性、高い倫理観をもった技術者・研究者を育成する。

上記教育理念に基づき、数学・物理ならびに情報科学に関する基礎学力を身に付け、これらの基礎の上に知能情報工学の専門知識を修得し、その学力を実践的能力にまで高めるとともに、エンジニアとしての使命感を兼ね備えた創造性豊かな課題探求型の自立した技術者・研究者の育成を目的とする。

応用化学科

応用化学は、分子・物質を主な対象とし、その学理と応用を目的とする科学の一学問領域であり、物質の構造・性質・反応性を明らかにするとともに、さまざまな分子、素材、材料等の創造、生産によって住宅、食品、自動車、情報、医療、農林水産業など人々の生活と産業に深く関わり、遍く人類に貢献している。また、資源とエネルギーの枯渇、地球環境の保全、人口増加、さらには高度情報化社会の進展など諸問題の解決で重要な役割を果たすとともに、次世代の産業を創造・先導する学問でもある。これらのことをふまえ、応用化学科では、化学の基礎と応用に関する幅広い知識と確かな技術、そして豊かな人間性と深遠な倫理観を併せ持つ活力のある化学技術者・研究者を養成する教育を行う。

上述の理念に基づき、社会人に要求される常識、知識、技術、語学力、並びに国際的な広い視野をもち、多様な分野で活躍できる創造性豊かな課題探求型の化学技術者・研究者を育成するため、広い知識と素養をはぐくむ教養教育と基礎学力を重視した専門教育を実施する。

化学工学科

資源循環を総合的に含む化学プロセスの構築を基本理念とした化学工学について基礎的な幅広い専門知識を習得し、それらを統合して循環型社会の要請に応え得る応用力を備えた化学技術者を育成する。また、社会的にも広い視野と倫理観を持ち、国際的にも活躍できるような人材の育成をめざす。

上記の教育理念に基づいて、専門である化学工学に関して講義・演習により十分な基礎的知識を身につけ、実験・実習を通してその応用能力を養い、原料から製品までのプロセス全体を勘案し、資源循環を考慮した効率よい生産システムが構築できる総合力を育成する。また、技術者として広く深い工学的素養と倫理観をもち、化学技術を必要とするあらゆる分野で自立して活躍できるとともに、社会的要請の変化や科学技術の発展に伴う変化に対応できる能力をもった人材を育成することを目的とする。

マテリアル工学科

高度な文明を築き上げるために、地球環境、資源・エネルギー、航空宇宙、情報社会などの各分野に関連した工業材料の「ものつくり」を中心として、金属材料、半導体材料、セラミックス材料、ポリマー材料などの新規な機能の発現と高性能化、高信頼性に関する基盤技術を確立し、「ものつくり」と「観察」および「システム化」の関連性を重視し、材料の実用化を目指した教育と研究を行うことを基本理念とする。さらに、マテリアル工学の立場から、社会の高度化を担い、人類の将来に役立つ人材育成の教育を行う。

上記の教育理念に基づき、各分野に関連した多様な先端工業材料に対し、材料がもつ広範な科学技術に関する基本的概念を理解し、材料科学に基づいた「ものつくり」教育に必要な、素材設計、材料合成、組織観察、物性・構造の解析、特性評価などのマテリアル工学における基礎理論から応用技術にいたる教育と研究を行い、社会的要求に応えられる国際性豊かな創造力に優れた人材を育成することを目的とする。

大学院課程

機械工学専攻

現代社会を支えるあらゆる機械、機器、構造物、設備、装置、プラント等、「機械」という範疇に含まれる全ての「もの」を対象として、「ものづくり」のための学理の構築と、「もの」の開発・設計・生産・運用を目的とした工学の重要な一分野である。近年、あらゆる「機械」には、高機能化、知能化、システム化等が求められ、更に、複雑化、多様化、複合化する人間活動との調和を十分考慮した機械システムの開発・設計・生産・運用が不可欠となってきている。一方、近年のエネルギー消費の増大に伴い、環境汚染問題が顕在化し、エネルギーの供給とそれに伴う環境汚染の防止をグローバルな観点に基づいて考慮した、人・環境と共存・共生する機械技術、機械システムの確立が求められている。機械工学専攻では、人と社会と自然に対する広い視野と深い知識をもち、豊かな人間性、高い倫理観、高度の専門能力を兼ね備え、社会の発展、福祉の向上および文化の創造に貢献できる技術者・研究者の育成をめざす。

上記の教育理念に基づき、機械工学全般にわたる幅広い高度な学理・知識を十分身に付けるとともに、機械システム、エネルギーシステムの高度機能化・知能化・高信頼性に関連した課題に対する研究能力と問題解決能力を習得するための専門知識の教授および研究指導を行う。また、これらの学理・知識、研究能力および問題解決能力を基礎として、国際的な視野と感覚を持ち、人間としての倫理観を備え、人・環境と共存・共生できる機械技術、機械システムの発展を目指して、学際的な領域を含む幅広い分野で活躍できる個性と創造性の豊かな人材の育成を目的とする。

航空宇宙海洋系専攻

総合工学に関する基礎学力、および総合的に物事を考える能力を育成する。また、社会的倫理観を養い、国際社会においても活躍できるための自己表現力をつけ、幅広い分野で活躍できる創造性豊かな指導的役割を担う人材の養成をめざす。

航空機・宇宙航行体・船舶・海洋構造物等に関するシステムの開発(計画・設計・製造・運用・評価)・ならびにその利用にかかわる総合工学分野の先端的教育研究を行い、全地球的な視野から人類の持続可能な発展と地球環境の保全との調和を目指し、高度の創造性、総合性を有し、国際的視野をもって指導的役割を担う、研究開発型技術者・研究者を育成することを目的とする。

電子・数物系専攻

現代工学全般の根幹をなす数理工学および21世紀科学技術立国の基盤となる電子物理工学の基礎と応用に関する知識と展開力を十分に修得し、社会貢献への使命と工学倫理を身につけた高度技術職、専門職、研究職への人材育成拠点たることをめざす。

数理工学分野と電子物理工学の独自領域、境界領域、ナノサイエンスなど新しく生まれた学問領域の研究をいち早く取り入れた教育を効果的に推進し、柔軟な発想力、正確な分析力、豊かな総合力を備えた人材を育成し広く社会に貢献することを目的にする。電子・数物系専攻では、数理工学分野と電子物理工学分野に基礎を置き、自然現象や社会現象を数理的モデルによって解明し、その結果を工学的に応用するための高度の知識と研究開発能力、また、物性物理・半導体物理に関する実験的・数理工学的解明を進め、新しいエレクトロニクス・デバイスを創製し高度情報化社会を支えていくために必要な高度の知識と研究開発能力を身につけた技術者・研究者を育成する。

電気・情報系専攻

情報処理技術および情報通信技術の飛躍的な発展により、社会はグローバル化し、高度にネットワーク化された情報化社会へと革新的に移行し続けている。電気情報系専攻では、革新的な社会構造の変化に柔軟に対応し、豊かな情報化社会を切り拓くために、電気工学、通信工学、情報工学、知能工学、システム工学を基礎とした最先端の電気情報システム工学分野および知能情報工学分野の教育を行うことにより、高度なシステム設計能力と情報活用能力、幅広い視野と豊かな人間性、厳格な倫理観を持った国際的に活躍できる技術者・研究者の育成を行う。

上記教育理念に基づき、豊かな人間性と柔軟な創造力、広範な専門知識を持って問題解決に当たり、さらに自律的に課題を探求することのできる技術者・研究者の育成を目的とする.電気情報システム工学分野では、電力システム、電気電子システム、システム制御技術、情報通信技術、ネットワーク技術およびシステム設計・管理技術、知能情報工学分野では、人工知能、計算知能、ソフトウェア技術、認識システム、知識工学およびコンピュータ応用に関連した広範な専門知識の教授と研究指導を行う。

物質・化学系専攻

物質文明が新しい時代を迎え、資源・エネルギー・環境が地球的な規模で問題となる中にあって、人類社会の持続的発展には人と環境に優しい新素材の開発および有限資源の有効かつ循環的な活用が不可欠であり、それを可能とする新しい物質の科学と技術を創造し、地球環境と調和した豊かな社会の構築に貢献する、優れた高度専門職業人・研究者の育成をめざす。

無機物質・有機物質・高分子・金属・セラミックスなどを対象とし、新物質、新素材、新材料の創成やその工業生産のための新技術、新概念の創出、さらに資源循環を総合的に含む生産プロセスの構築を目指した先導的な研究を推進し、またそれを基盤とする高度な専門教育を行い、社会の発展に貢献する人材の育成を目的とする。

量子放射線系専攻

量子放射線工学の広範な専門知識の教授と研究指導を通して、基本的研究能力と問題解決能力を培い、自ら知的資産を創造し、新領域を開拓できる人材を育成する。学際研究の遂行に必要な広い分野の知識を身につけ、各種装置の実践的な技術を習得すると共に、法律の順守や社会との関係についても配慮できる人材を育成する。