大阪府立大学

福祉現場における「意思決定支援」を考える―障がい者支援の実践事例をもとに、皆さんとともに検討してみよう!―

開催日
2019年7月27日(土)13時~17時
(受付開始12時30分)
開催場所
I-siteなんば
大阪府立大学 I-siteなんば(南海なんば第1ビル2階)C1室

I-siteなんばのアクセス

近年、厚生労働省は、障害福祉分野と認知症の人の、意思決定支援ガイドラインを公刊しました。子ども家庭支援、障がい者支援、高齢者支援、医療、女性支援等さまざまな現場で、現場職員は意思決定支援をめぐる様々な悩みを抱えることがあります。このたび、障がい者支援の福祉職2名に検討素材(事例)を提供していただき、参加者の皆様とともに検討する集いを開催することにしました。本学の教員も何名か参加し、一緒に検討を深めたいと思います。ご関心のある皆様、ご参集いただけましたら幸いに存じます。

  • ミニ講義「意思決定支援って?最近の動向等を、ちょっとおさらい」
    吉原 雅昭(大阪府立大学 地域保健学域教育福祉学類)
  • 参加者とともに検討する素材(事例)の提供
    Aさん(障がい者支援のソーシャルワーカー)
    Bさん(障がい者グループホームのサービス管理責任者)

【助言者】
隅田 好美(大阪府立大学 地域保健学域教育福祉学類)
【司会】
吉原 雅昭(大阪府立大学 地域保健学域教育福祉学類)

関連情報
定員70名
対象者福祉、医療、自治体職員、関心をお持ちの皆さま、学生や大学院生、研究者等
受講料無料
申込期間2019年7月25日(木)まで
申込方法

件名「7/27公開講座」、(1)氏名、(2)フリガナ、(3)所属をご記入の上、次のメールアドレスへお申込みください。

教育福祉研究センター
Eメール kouza0727[at]ao.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
(注意)Eメールは半角英数で入力。

当日受付あり
お問い合わせ教育福祉研究センター
Tel 072-254-9517
Eメール kouza0727[at]ao.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。