公開講座

21世紀科学セミナー ライフサイエンス編(ケミカルバイオロジー研究所)

開催日 2017年4月7日(金)、21日(金)15時~16時30分
開催場所 I-siteなんば
開催場所詳細 大阪府立大学 I-siteなんば(南海なんば第1ビル 2階)
概要

【Part1】4月7日(金)
「生体防御の最終兵器“抗体”」

私たちは、無数の外敵に囲まれて生きています。その外敵の代表が、バクテリアやウイルスです。彼らの図体はとても小さく、音もなくこっそりと私たちの体の中に忍び込む。しかも、彼らは水、空気、土という地球のインフラそのものに住みついているので、私たちの体に必ず侵入してきます。しかし、私たちには、侵入してくる外敵を退治する能力が備わっているので、そう簡単には病気になりません。私たちは、二つの方法で、体を外敵から護っています。物理的な防衛と免疫による防衛です。物理的な防衛は皮膚や粘膜ですが、それらをくぐり抜けてきた外敵を最終的に叩くのは、免疫が創り出す抗体です。インフルエンザ・ワクチンの接種により防御しているのも抗体なのです。
本セミナーでは、免疫の主役である抗体について、その実に巧妙なからくりをできるだけ平易に説明し、次回のセミナー「魔法の弾丸“抗体医薬”」に繋げていきます。

【Part2】4月21日(金)
「魔法の弾丸“抗体医薬”」

近年のバイオテクノロジーの発展は、抗体を医薬品として利用することを可能にしました。抗体医薬は、一つの抗体が一つの抗原だけと結合する特異性を利用して、病気を治します。最近のヒトゲノム解析により、病気を引き起こすタンパク質(標的タンパク質)が特定されていくことで、抗体医薬の可能性が拡大しています。これまでの医薬品との大きな違いは、やはり、その特異性です。これまでの医薬品は、標的タンパク質以外にも作用することがしばしばあり、時として思わぬ副作用がでることがあります。一方、抗体医薬品は、標的タンパク質を狙って作ると、標的以外に作用することがほとんどないため、予想外の副作用がでることがありません。まさに、“魔法の弾丸”なのです。現在、抗体医薬は、リウマチやアレルギーの治療で高い成果をあげています。がん治療では、白血病、乳がん、大腸がんで抗体医薬が使われており、今後も抗がん薬開発の主流を占めていくことは間違いありません。

【講師】
藤井 郁雄(大阪府立大学ケミカルバイオロジー研究所 所長、バイオメディカルフォーラム 所長、大学院理学系研究科 教授)

関連情報 「21世紀科学研究所セミナー ライフサイエンス編」チラシ (917KB)
定員 各70名 (応募者多数の場合は、抽選)
対象者 どなたでも
受講料 各回1,000円
申込み期間 Part1および両日:2017年3月24日(金)【必着】
Part2:2017年4月7日(金) 【必着】
お問い合わせ 大阪府立大学C5棟 地域連携室
Tel 072-254-9942
お申込み方法

「往復はがき」もしくは「Eメール」で、(1)氏名(ふりがな)、(2)年齢、(3)郵便番号・住所、(4)電話番号、(5)この講座を知ったきっかけ、(6)希望する講座の日(両日も可)をご記入の上、下記へお申込みください。

〒599-8531 堺市中区学園町1番1号
大阪府立大学C5棟 地域連携室「21セミナーケミカルバイオロジー」係
Eメール 21che[at]ao.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
(注意)Eメールでお申込みの場合は、件名に半角英数で「21セミナーケミカルバイオロジー」と入力してください。