公開講座

現代システム科学域連続セミナー第2回「シンギュラリティを生き抜くために」

開催日 2016年11月19日(土) 14時~15時30分
(受付 13時30分~)
開催場所 I-siteなんば
開催場所詳細 大阪府立大学I-siteなんば(南海なんば第1ビル2階)
〒556-0012 大阪府大阪市浪速区敷津東2丁目1番41号
(注意)駐車場・駐輪場はありません。
(注意)建物北側(ZEPP なんば側)の大阪府立大学専用入口からお入りください。
概要

本学現代システム科学域の教員を講師陣とし、「持続可能な現代社会の創造に向けて」という共通テーマで連続セミナー(全5回)を開催し、大阪府立大学が持つ知識、技能を広く還元したいと思います。平成27年度まで開催してきた連続セミナーの講師陣、講演内容を一新し、装いを新たに開催しますので、お楽しみください。

 

第2回「シンギュラリティを生き抜くために」

シンギュラリティとは、コンピュータが人類の知性を超えてしまう時点のことです。最近、人工知能やロボットに雇用が奪われるのではないかとマスコミが盛んに不安を煽る報道をしています。日本にとって、情報化が進められたこの20年間はどうであったのか、日本のこれまでの情報化の経緯や同時期の海外の事例をもとにお話しします。これからの情報化社会を前向きに生き抜くためのヒントを皆さんと考えたいと思います。

【講師】渡邊 真治(現代システム科学域 知識情報システム学類 教授)

 

【今後の連続セミナースケジュール】
第3回 2016年11月26日(土)竹中規訓教授「南極における不思議体験および雪氷中の化学反応―大気雪氷間物質交換過程―」
第4回 2017年2月18日(土)近藤真司教授「経済学における知の継承と発展」
第5回 2017年3月11日(土)太田正哉教授「拡張現実と人工知能:ICTイノベーションを生むキーテクノロジー」

関連情報 現代システム科学域連続セミナー第2回「シンギュラリティを生き抜くために」チラシ兼申込書(第2回のみ) (1.3MB)
定員 100名(応募者多数の場合は抽選)
対象者 どなたでも
受講料 無料
申込み期間 2016年11月11日(金)まで
お問い合わせ 大阪府立大学 現代システム科学域支援室「連続セミナー」係
Tel 072-254-7361(直通)
お申込み方法

「Fax」「郵送」または「Eメール」のいずれかで、「連続セミナー第2回」と明記し、(1)氏名(ふりがな)・年齢、(2)郵便番号・住所、(3)電話番号(日中連絡のつくもの)をご記入の上、下記宛先までお申込みください。

〒599‐8531 大阪府堺市中区学園町1番1号
大阪府立大学 現代システム科学域支援室「連続セミナー」係
Eメール 3s-sem[at]ml.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
Fax 072-254-9925
(注意)携帯メールでの受付はしておりません。
(注意)定員を超えた場合のみ、ご参加いただけない旨の連絡をいたします。連絡がない場合はご参加いただけます。