その他イベント

英国の看護師活動と地域における緩和ケアの実際

開催日 2016年10月28日(金)16時15分~17時45分
開催場所 羽曳野キャンパス
開催場所詳細 地下1階 B201教室
概要

NS-Coプロジェクト 地域包括ケア国際セミナーI
「英国の看護師活動と地域における緩和ケアの実際」

 

本セミナーでは、英国の急性期病院 Royal Preston Hospital に勤務し、Palliative care nurse specialist として活躍中のルイス智子講師をお迎えしました。入院しているがん、非がんを問わず致命的な病気の診断を受け、余命が限られている患者に対する緩和ケアについて、 Lancashire Teaching Hospitals NHS Foundation Trustで現在実践されている看護について学びます。英国地方都市の状況から大阪における緩和ケアについて考える機会となれば幸いです。

 

【主催】大阪府立大学NS-Coプロジェクト

関連情報 「英国の看護師活動と地域における緩和ケアの実際」 チラシ (945KB)
定員 100名(先着順)
対象者 看護職、教員、大学院生、看護学生
受講料 無料
申込み期間 定員に達し次第受付を締め切ります
お問い合わせ (お申込み先)
ns-co[at]nursing.osakafu-u.ac.jp (担当 吉田)
[at]の部分を@と差し替えてください。
お申込み方法

Eメールで、件名を「10月28日講演申込み」とし、(1)名前、(2)所属、(3)職種、(4)電話番号(日中連絡可能な番号)を明記し、上記までお申込み下さい。