その他イベント

公開講演会「ジオスペース探査衛星ERGで探るヴァン・アレン帯の謎」

開催日 2016年6月24日(金)14時40分~16時10分(開場14時30分)
開催場所 中百舌鳥キャンパス
開催場所詳細 B3棟 116教室
概要

大阪府立大学21世紀科学研究機構宇宙科学技術研究センター講演会/航空宇宙工学分野教室談話会
「ジオスペース探査衛星ERGで探るヴァン・アレン帯の謎」

ジオスペースと呼ばれる地球周辺の宇宙空間では、気象衛星やGPS衛星など私たちの日常生活に身近な衛星が数多く運用されています。このジオスペースには、ヴァン・アレン帯(放射線帯)と呼ばれるエネルギーが高い荷電粒子が大量に存在する場所があり、太陽からのプラズマ流(太陽風)の変化に伴って、荷電粒子の量は大きく増えたり減ったりします。この荷電粒子の変動のメカニズムを解明するために、現在、JAXAではジオスペース探査衛星(ERG)の開発を進めています。本講演ではジオスペース、ヴァン・アレン帯の概説を行うととともに、ERG衛星計画のねらいや衛星の特徴についてご紹介します。

【講師】
三好 由純氏(名古屋大学 宇宙地球環境研究所 准教授、JAXA宇宙科学研究所ジオスペース探査衛星ERG プロジェクトサイエンティスト)

【参考情報】
ジオスペース探査ERG衛星計画(JAXA Webサイト)
ERGサイエンスセンターWebサイト

【共催】大阪府立大学航空宇宙工学教室談話会、日本航空宇宙学会関西支部研究分科会

関連情報 「大阪府立大学21世紀科学研究機構宇宙科学技術研究センター講演会/航空宇宙工学分野教室談話会」チラシ (566KB)
対象者 どなたでも
受講料 無料
お問い合わせ (お問合せ先)
工学研究科航空宇宙工学分野 中村雅夫
Eメール nakamura[at]aero.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
お申込み方法

申込不要