公開講座

大阪府立大学教育福祉学類フライデーナイト公開講座「学校コラボレーション講座」

開催日 2016年5月20日(金)~2017年1月27日(金) 18時45分~20時45分
前半「学校コラボレーションセミナー」各金曜日 全6回
後半「スクールソーシャルワーク実践セミナー」各金曜日 全6回
開催場所 I-siteなんば
開催場所詳細 大阪府立大学 I-siteなんば(南海なんば第1ビル2階)
概要

児童虐待、いじめ案件の増加、少年事件低年齢化、子どもを取り巻く学校の現状は非常に厳しいものです。そのような中で、学校に関係するメンバーがコラボレーションの視点を持つことが課題解決の鍵となります。政府においても、2015年にチーム学校の議論を始め、専門職を学校に基幹職員として配置することを決定、2016年1月から政策の具体化のための議論が始まって、人材育成が急務になっています。本学では、この流れに先んじる形で、2012年度から本講座を開講してきました。講座は前半と後半の2部に分かれており、前半では学校や学校に関連する専門職の方にとって必要な知識を提供します。後半では実践力を身につけるため、グループワークで演習を重ねます(前期は必ずしも直接SSWに関連するとは限りません)。1年をかけて、知識を実践力へと変えていきます。また、今年からは、最新情報の提供と実践的課題解決への力量アップを目指すアドバンスコースを、日本社会福祉士養成校協会と共催で別途開催します(詳細は講座中にご案内します)。本講座が皆さまのご活躍の一助になれば幸いです。

 

【前半】「学校コラボレーションセミナー」
第1回 5月20日「学校におけるコラボレーション;スクールソーシャルワークとは」
第2回 6月17日「心理療法の視点から見たコラボレーション 」
第3回 7月1日「学校におけるLGBT(性的マイノリティ)の安心と安全」
第4回 8月19日「社会的養護を必要とする子どもたち」
第5回 9月16日「若者の貧困の実際」
第6回 10月21日「発達障害:特別支援との連携 」
(注意)初回(5月20日)山野 則子「学校におけるコラボレーション;スクールソーシャルワークとは」は、スポットで受講することができます。

 

【後半】
「スクールソーシャルワーク実践セミナー」
第7回 11月11日「スクールソーシャルワークの実際」
第8回 11月18日「学校組織とスクールソーシャルワーク」
第9回 12月2日「スクールカウンセラーの実際」
第10回 12月16日「いじめとスクールソーシャルワーク:修復的対話技法」
第11回 1月13日「不登校とスクールソーシャルワーク」
第12回 1月27日「ケース会議とその効果 」
(注意)後半6回「スクールソーシャルワーク実践セミナー」は、後期に別途募集いたします。(受講料 12,000円)

関連情報 「学校コラボレーション講座」チラシ (1.5MB)
定員 初回のみ受講(5月20日) 30名
全12回受講(5月20日~1月27日) 40名
前半6回受講(5月20日~10月21日) 30名
(注意)応募者多数の場合は抽選となります。
対象者 SSWer希望者、現任SSWer、学校関係者、教師、社会福祉士、精神保健福祉士
受講料 初回のみ受講(5月20日) 2,000円
全12回受講(5月20日~1月27日) 20,000円
前半6回受講(5月20日~10月21日) 12,000円
(注意)受講料については返金いたしかねますのでご了承ください。
申込み期間 2016年4月22日(金)必着
お問い合わせ (お申込み先)
〒599-8531 堺市中区学園町1番1号
大阪府立大学 C5棟 地域連携室「SSW」係
Eメール ssw28[at]ao.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。(半角英数)
(注意)携帯メール不可

(お問合せ先)
Tel 072-254-9942
お申込み方法

「往復はがき」または「Eメール」にて、(1)氏名(ふりがな)、(2)年齢、(3)郵便番号・住所、(4)電話番号、(5)職種(小学校教諭、大阪府現任SSWer、SSWer希望など)、(6)お持ちの資格(社会福祉士、精神保健福祉士など)、(7)希望コース(「初回のみ参加」「全12回参加」「前半6回参加」のいずれか)、(8)この講座を知ったきっかけをご記入の上、上記お申込み先へご連絡ください。
(注意)応募者多数の場合は抽選となります。抽選の結果については、締め切り後、5月2日(月)に発送予定です。