その他イベント

公開シンポジウム「都市の公園や未利用空間を利用した都市農業の可能性」

開催日 2016年4月26日(火)13時~17時30分
開催場所 中百舌鳥キャンパス
開催場所詳細 C1棟 学術交流会館
概要

都市およびその周辺において、消費地に近い特性を生かし、都市住民の需要に即した農業生産を振興することが我が国の施策となっています(食料・農業・農村基本法第36条)。都市農業の役割は、新鮮で安全な地産地消農産物の供給、身近な農業体験を通しての農業理解、食育・環境教育の支援、コミュニティー活動の場の提供、緑地としてのアメニティー空間の提供、防災空間の確保、国土・環境の保全など、様々です。今後、「都市農業」におけるこれらの多様な意義を一層有効活用するためには、農学、生命環境科学、社会科学、教育学など多様な分野の科学的視点から、「都市農業」の方向性、具現化過程での問題点などを整理し、その課題解決のための有効な方法を見出し、政策策定・施行に向けて積極的・具体的に提言していく必要があります。
本シンポジウムでは、「都市農業」の具現化に向けて、緑地環境科学および農業環境工学的視点を中心に、社会科学や政策面も含めて議論します。

【主催】日本学術会議、農学委員会、農業生産環境工学分科会
【共催】大阪府立大学大学院生命環境科学研究科
【後援】日本農業気象学会、日本生物環境工学会、日本農業工学会、生態工学会、園芸学会、日本造園学会、日本緑化工学会、新農林社、大阪府立大学植物工場研究センター

関連情報 「都市の公園や未利用空間を利用した都市農業の可能性」 ポスター (514KB)
対象者 どなたでも
受講料 無料
申込み期間 申込み不要
お問い合わせ (お問合せ先)
生命環境科学研究科 北宅(キタヤ)
Tel 072-254-9434
Eメール kitaya[at]envi.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@に差し替えてください。