その他イベント

社会的養護における措置変更について考える―子どもの最善の利益とパーマネンシーの保障の視点から―

開催日 2016年3月27日(日) 10時~16時30分(受付 9時30分~)
開催場所 I-siteなんば
開催場所詳細 大阪府立大学I‐siteなんば C1‐C3
概要

【第1部】調査結果報告 10時~12時
総合司会 石田 賀奈子 氏(神戸学院大学総合リハビリテーション学部 講師)
(1)全国の社会的養護関連施設を対象としたアンケート調査
 野口 啓示 氏(神戸少年の町 前施設長)
(2)社会的養護施設職員へのインタビュー調査
 伊藤 嘉余子(大阪府立大学教育福祉学類 准教授)
(3)里親へのインタビュー調査
 福田 公教 氏(関西大学人間健康学部 准教授)

【第2部】シンポジウム 13時30分~16時30分
「子どもの最善の利益とパーマネンシーの視点からみる措置変更」
コーディネーター
 伊藤 嘉余子(大阪府立大学教育福祉学類 准教授)
シンポジスト
 六川 徳子 氏(乳児院:ガーデンエル)
 山田 優 氏(児童養護施設:聖家族の家)
 福井 伸弥 氏(情緒障害児短期治療施設:あゆみの丘)
 永田 政之 氏(児童自立支援施設:神戸市立若葉学園)
 梅原 啓次 氏(大阪市里親会長:専門里親)
 西谷 裕梨 氏(母子生活支援施設:佐保山荘)
コメンテーター
 新籾 晃子 氏(大阪府東大阪子ども家庭センター)

【主催】大阪府立大学21世紀科学研究機構 教育福祉研究センター、大阪府立大学地域保健学域教育福祉学類

関連情報 「社会的養護における措置変更について考える」チラシ (495KB)
定員 150名
対象者 福祉および医療関係者、自治体職員、学生、その他一般の方
受講料 無料
申込み期間 (注意)定員になり次第締め切らせていただきます。
お問い合わせ 〒599-8531 大阪府堺市中区学園町1番1号
大阪府立大学 21世紀科学研究機構教育福祉研究センター 事務局(A4棟)
Tel 072-254-9517
Eメール sochihenko_0327[at]ao.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
お申込み方法

■Eメール、郵送
(1)氏名(ふりがな)、(2)所属、(3)職種、(4)Eメールアドレス(郵送の方は日中連絡がつく電話番号)を明記の上、上記お申込み先までお送りください。
■Fax
チラシ裏面の参加申込書に必要事項をご記入のうえ、上記までお申込みください。