公開講座

理学系研究科公開セミナー「ライフサイクルの視点で環境負荷を考える」

開催日 2014年12月5日(土)14時~15時30分
開催場所 中百舌鳥キャンパス
開催場所詳細 A12棟 サイエンスホール
(注意)駐車場はありませんので、お車での来場はご遠慮ください。
概要

地球温暖化やCO2排出削減などが世界中で問題になっているようです。私たちはこれらの問題にどう向き合えばいいのでしょうか?電気や水を大切に使う、エコバックを利用する、など、いろいろ「エコ」な「環境にやさしい」行動が紹介されていますが、それだけで良いのか疑問に思ったことはないでしょうか?そもそも「環境にやさしい」とは一体どういうことなのでしょうか?本講座では、モノのライフサイクルを考えることから、モノやエネルギーを大量に消費する私たちの毎日の生活と環境問題の結び付きについて一緒に考えたいと思います。携帯電話を題材として取上げた環境教育教材の紹介を通して、ライフサイクルを考えることの重要性を学びましょう。

【プログラム】
14時~ 開会の挨拶
 入江 幸右衛門(大阪府立大学大学院理学系研究科長)
14時10分~ 講演「ライフサイクルの視点で環境負荷を考える―携帯電話と環境問題―」
 松本 真哉(横浜国立大学大学院環境情報研究院)

【主催】大阪府立大学 理学系研究科

関連情報 「ライフサイクルの視点で環境負荷を考える」チラシ (715KB)
定員 100名(定員を超えた場合、入場を制限することがあります)
対象者 どなたでもご参加いただけます。
受講料 無料
お問い合わせ (お問合せ先)
大阪府立大学 理学部・研究科支援室 「公開セミナー」係
Tel 072-254-9161
お申込み方法

事前申込は不要です。当日、ご自由にお越しください