公開講座

21世紀科学研究所連続セミナー 第31回セミナー

開催日 2015年10月1日(木)15時~16時30分
開催場所 I-siteなんば
開催場所詳細 大阪府立大学 I-siteなんば(南海なんば第1ビル 2階)
(Zeppなんば大阪の東隣のビル北側の大阪府立大学専用エントランスからお入りください)
概要

"効果的なスクールソーシャルワークモデル開発―教育行政との協働の実際と意義―
■講師
山野 則子(スクールソーシャルワーク評価支援研究所
所長、人間社会学研究科/地域保健学域教育福祉学類 教授)
【概要】
子どもや子育てをめぐる現状は厳しい状況にあるといえますが、それを打開する策としてのスクールソーシャルワーク実践がどこまで可能なのか、実証研究として明らかに今までされてきませんでした。そういったスクールソーシャルワークを実践に基づく研究蓄積から可視化し、研究から見える可能性と意義を紹介します。まず2012年全米調査に並ぶ全日本調査をスクールソーシャルワークでは初めて実施し、その結果を示します。2010年から蓄積してきた研究成果に基づいて構築した効果モデルであるスクールソーシャルワーク事業プログラムを提示し、その試行調査結果を全国展開している実践現場の声とともにお届けし、課題を明らかにします。大阪府立大学の公開講座や今まで開催してきたシンポジウムなどでは、十分触れられなかった研究としての報告や議論をわかりやすい形で行いたいと思います。"

関連情報 21世紀科学研究所連続セミナー 第31回~33回 チラシ (573KB)
定員 70名
対象者 どなたでも
受講料 無料
申込み期間 2015年9月28日(月)まで
(定員になり次第締め切らせていただきます)
お問い合わせ 大阪府立大学 21世紀科学研究機構 
Fax 072-254-8154
Eメール 21c-headoffice[at]21c.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
お申込み方法

EメールもしくはFaxで、(1)氏名(ふりがな)・年齢、(2)郵便番号・住所、(3)電話番号(Faxにてお申込の方はFax番号もご記入ください)、(4)参加ご希望の講座の開催月をご記入の上、上記へお申込みください。