公開講座

21世紀科学研究所連続セミナー 第23回セミナー

開催日 2015年2月5日(木)15時~16時30分
開催場所 I-siteなんば
開催場所詳細 大阪府立大学 I-siteなんば(南海なんば第1ビル 2階)
(Zeppなんば大阪の東隣のビル北側の府大専用エントランスからお入りください)
概要

情報セキュリティ―情報漏洩問題を考える―
【講師】
大阪府立大学 情報システム研究センター 所長
現代システム科学域 知能情報システム学類 教授 宮本 貴朗
【概要】
現代社会において、インターネットを始めとする高度情報化社会の進展には著しいものがあります。しかし、社会生活を便利にする反面その裏側には種々の問題が生じています。具体的には、不審なメールによるマルウェアの感染、IDやパスワードの不正利用、情報漏洩被害、個人情報の流出など生活に影響を及ぼす情報セキュリティ問題が多数報じられています。誰もが安心してITの恩恵を享受するためには、国民一人ひとりがセキュリティについての関心を高め、これらの問題を理解し対応していく必要があります。
本講座では、情報セキュリティ事故のトレンドを紹介するとともに、最近発生した情報セキュリティ事故、特に情報漏洩に関連するいくつかの事例を取り上げ、何が起こっているのか、何処に問題があるのか、どうすれば自分の個人情報を守れるのかについて考えてみたいと思います。

関連情報 21世紀科学研究所連続セミナー 第23回セミナー詳細 (812KB)
定員 70名
対象者 どなたでも
受講料 無料
申込み期間 2015年1月30日(金)まで
(定員になり次第締め切らせていただきます)
お問い合わせ 大阪府立大学 21世紀科学研究機構 
Fax 072-254-8154
Eメール 21c-headoffice[at]21c.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
お申込み方法

EメールもしくはFaxで、(1)氏名(ふりがな)・年齢、(2)郵便番号・住所、(3)電話番号(Faxにてお申込の方はFax番号もご記入ください)、(4)参加ご希望の講座の開催月をご記入の上、上記へお申込みください。