公開講座

第9回市民フォーラム「世界各地に残る異文化の痕跡」

開催日 2015年1月20日、27日、2月3日、10日、17日
毎週火曜日(全5回)
18時30分~20時
開催場所 I-siteなんば
開催場所詳細 大阪府立大学 I-site なんば(南海なんば第1ビル2階)
概要

【概要】
日本がヨーロッパ各国語においてジャパン、ジャポン、ヤーパン、古くはジパングなどと呼ばれるもとになったのは、漢字「日本」ないし「日本国」の読みかたから来ているとするのが有力説のひとつです。こんなことを知るだけで、けっこう古くからの異文化交流が感じられてうれしくなりますが、わたしたちは教えてもらうまであんがいこのことに気づかないでいます。今回のシリーズでは各国や地域に残された異国・異文化のなごりを手がかりにして、異文化のそのような痕跡が残るに至るまでの歴史をテーマに据えました。そこにはかならずしも幸福な交流ばかりでなく、不幸な、文字どおり血みどろの征服史もあったことでしょう。しかし異なる二文化の接点において豊かな文化が生まれてきたことも確かです。
世界各地の歴史から、エピソードも交えて、歴史の興味ぶかい側面を知っていただければさいわいです。

■第1回 1月20日
「アメリカに残る異国・異文化の名残」
 大阪府立大学 教授 兼田 博
■第2回 1月27日
「イギリスにおけるローマの痕跡」
 大阪府立大学 教授 山口 義久
■第3回 2月3日
「日本が中国から学んだもの、学ばなかったもの」
 大阪府立大学 教授 大平 桂一
■第4回 2月10日
「ドイツ民族の東方進出」
 大阪府立大学 准教授 ペピン ハンス ヨアヒム
■第5回 2月17日
「クレオール ―カリブ海に生き残る混成言語の成立と現在」
 大阪府立大学 教授 寺迫 正廣

関連情報 第9回市民フォーラム チラシ (2.7MB)
定員 100名(応募者多数の場合は抽選)
対象者 どなたでも
受講料 5講座セット 3,000円
1講座 1,000円
申込み期間 2015年1月13日(火)【必着】
お問い合わせ (お申込み先)
〒599-8531 堺市中区学園町1番1号
大阪府立大学 地域連携研究機構 生涯教育センター 「市民フォーラム」係
Eメール forum26[at]ao.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。

(お問合せ先)
Tel 072-254-9942
お申込み方法

「往復はがき」または「Eメール」で、(1)「5講座セット」または「受講希望日」、(2)郵便番号・住所、(3)氏名(ふりがな)、(4)電話番号、(5)このイベント情報の入手先をご記入の上、お申し込みください。(携帯メール不可)
(注意)お申し込みの際の個人情報は、応募後の事務連絡、統計資料の作成および本学公開講座等のご案内に使用します。利用目的以外の使用については一切いたしません。