その他イベント

第5回宇宙科学交流セミナー―大阪府立大学の超小型衛星OPUSAT(こすもず)の開発・打上げ・運用の報告を中心として―

開催日 2014年9月3日(水)14時30分~17時50分
開催場所 中百舌鳥キャンパス
開催場所詳細 学術交流会館多目的ホール
概要

"本学の学生が開発し、2月28日にH-2Aロケットにより種子島宇宙センターから打ち上げられた超小型衛星OPUSAT(愛称:こすもず)は、ほぼ全てのミッションを無事に達成。7月24日に南米チリ沖の南太平洋上空で大気圏に再突入し、運用を終了しました。
今回のセミナーでは、超小型衛星OPUSAT(こすもず)の開発・打上・運用の報告を中心とした「大阪府立大学小型宇宙機システム研究センターの活動報告」を第1部とし、第2部では、大阪府立大学が包括連携協力協定(注)を結んでいる宇宙航空研究開発機構(JAXA)からお招きした先生方に、小型衛星開発、宇宙開発利用を先導する宇宙科学などに関する特別講演をいただきます。
(注)大阪府立大学はJAXAと宇宙航空分野における開発利用に係る包括連携協力協定を結んでいます。

【プログラム】
■14時30分~15時55分 第1部:超小型衛星OPUSAT(こすもず)の開発・打上げ・運用の報告を中心として
1.「小型宇宙機システム研究センターにおける超小型衛星開発活動」
小型宇宙機システム研究センター 南部 陽介(工学研究科航空宇宙工学分野 助教)

2.「手のひらサイズの人工衛星に込めた夢と情熱―超小型衛星OPUSATの開発と運用結果―」
小型宇宙機システム研究センター 柴原 卓弥(工学研究科航空宇宙工学分野 博士前期課程1年)

3.「宇宙工学の楽しさを伝えたい―小型宇宙システム研究センターにおけるアウトリーチ活動―」
小型宇宙機システム研究センター 大江 佐知子(工学域機械系学類 航空宇宙工学課程3年)

■15時55分~16時10分 休憩

■16時10分~17時50分 第2部:特別講演
4.「小型衛星の作り方と使い方―可能性は無限大―」
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所
ジオスペース探査衛星プロジェクトチーム・サブマネージャ 中村 揚介

5.「宇宙開発利用を先導する宇宙科学―Wish it, Dream it, Do it―」
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 
宇宙飛翔工学研究系 教授
大学・研究機関連携室 室長(兼務) 藤井 孝藏

【主催】大阪府立大学 21世紀科学研究機構
宇宙科学技術研究センター

【共催】宇宙航空研究開発機構
大学・研究機関連携室"

関連情報 第5回宇宙科学交流セミナー チラシ (310KB)
「大阪府立大学小型宇宙機システム研究センター」Webサイト
定員 250名
対象者 どなたでも参加できます
受講料 無料
お問い合わせ (お問合せ先)
公立大学法人大阪府立大学 21世紀科学研究機構 宇宙科学技術研究センター
Tel 072-254-9243(担当 真鍋センター長)
Eメール manabe[at]ieee.org [at]の部分を@と差し替えてください。