公開講座

21世紀科学研究所連続セミナー 第17回セミナー

開催日 2014年8月7日(木)15時~16時30分
開催場所 I-siteなんば
開催場所詳細 大阪府立大学 I-siteなんば(南海なんば第1ビル 2階)
(Zeppなんば大阪の東隣のビル北側の府大専用エントランスからお入りください)
概要

未来の読書のカタチ―コンピュータの支援でできるReading-Life Log―
■講師
大阪府立大学 文書解析知識科学研究所(IDAKS)所長
工学研究科 知能情報工学分野 教授 黄瀬 浩一

大阪府立大学 特認助教 カイ クンツェ
Kai Kunze, Ph.D.,
Research Assistant Professor
Osaka Prefecture University

【概要】
我々は毎日何かを読んでいます。一日として読まずに過ごす日はありません。我々の体は我々が食べたものから形作られていますが、我々の知識は我々が読んだものから作られているといっても過言ではありません。したがって、何をどのように読んだのかは、その人がどのような知識や興味を持っているのかを知る上で、最も重要な情報源といえます。一方で、読むという行為は、我々にとってその場限りのものです。かなりの努力を費やしているにもかかわらず、読む行為は記録もされず、再利用もされていません。そこで我々は、コンピュータの力を借りて、人の読む行為を記録し、人に役立てることを試みています。Reading-Life Logというのはそのような記録のことを指す、我々の造語です。
講演では、コンピュータを使えばどのような読書支援ができるのかを、実例やデモを交えてお話をしたいと思っています。これによって、参加者の方々が、未来の読書のカタチを感じとっていただければ幸いです。

関連情報 21世紀科学研究所連続セミナー 第17回セミナー詳細 (502KB)
定員 150名
対象者 どなたでも
受講料 無料
申込み期間 2014年8月1日(金)まで
(定員になり次第締め切らせていただきます)
お問い合わせ 大阪府立大学 21世紀科学研究機構 
Fax 072-254-8154
Eメール 21c-headoffice[at]21c.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
お申込み方法

EメールもしくはFaxで、(1)氏名(ふりがな)・年齢、(2)郵便番号・住所、(3)電話番号(Faxにてお申込の方はFax番号もご記入ください)、(4)参加ご希望の講座の開催月をご記入の上、上記へお申込みください。