その他イベント

第28回N2RC拠点セミナー「粉末回折とXAFSによる材料のキャラクタリゼーション」

開催日 2014年3月11日(火)13時~17時50分
開催場所 中百舌鳥キャンパス
開催場所詳細 大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス A12棟サイエンスホール
概要

【概要】
世界中で利用されているリートベルト解析プログラムRIETANの開発者である泉富士夫先生と、放射光施設のヘビーユーザーである伊藤孝憲博士をお招きして、粉末X線・中性子回折とXAFS による平均・局所構造解析に関するセミナーを開催いたします。近年、粉末X線・中性子回折による未知構造解析や構造精密化の技術やソフトウェアが広く普及し、とくにリートベルト法は構造・格子パラメーターを精密化するための強力な手段として研究・開発の現場で頻用されるようになりました。一方、XAFSの解析では、X線を吸収する原子をターゲットとし、エネルギー領域の異なる吸収スペクトルを個別に処理します。粉末回折とXAFSを併用すれば、それぞれの単独利用に比べ相補的な知見が得られます。本セミナーは、見ているものが異なるこれら二つの解析法を習得し、種々の物質・材料の多面的キャラクタリゼーションを目指そうという研究者の支援を目的としています。すでに一方の手段を使い込んではいるが、今後、他方にもチャレンジし、研究手段の間口を広げたいと望んでおられる方々に、ぜひ受講していただきたいと考えております。

【プログラム】
■13時~16時10分(10分程度の休憩を含む)
 泉 富士夫 博士(名古屋工業大学 先進セラミックス研究センター 客員教授)
 「1.RIETAN-FPによる粉末回折データの解析」
 「2.RIETAN-FP・VENUSシステムとエディターを利用した統合支援環境」
 「3.RIETAN-FP・Dysnomia の連携によるMPF解析」
■16時20分~17時50分
 伊藤 孝憲 博士(AGCセイミケミカル株式会社 品質保証課 課長)
 「X線吸収を用いた局所構造解析」

【主催】地域の大学からナノ科学・材料人材育成拠点

関連情報 「第28回N2RC拠点セミナー」チラシ (347KB)
対象者 一般
受講料 無料
お問い合わせ ナノ科学・材料研究センター 八木 俊介
NanoSquare拠点事務局 小平
Tel 072-254-8174 Tel3646(内線)
Eメール nanosquare2[at]21c.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
お申込み方法

申込み不要