その他イベント

21世紀科学研究所連続セミナー第10回、11回、12回セミナー

開催日 ■第10回セミナー
「食の安全を支えるサイエンスと消費者の安心感」
2014年1月9日(木)
■第11回セミナー
「小さな粒子の大きな働き―がんホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の新たな展開―」
2014年2月6日(木)
■第12回セミナー
「看護が21世紀に果たす役割とそれを支援する工学的研究」
2014年3月6日(木)
(各回 10時30分~12時)
開催場所 I-siteなんば
開催場所詳細 大阪府立大学 I-siteなんば
大阪市浪速区敷津東2-1-41
南海なんば第1ビル 2階
(Zeppなんば大阪の東隣のビル北側の府大専用エントランスからお入りください)
概要

【第10回セミナー】
「食の安全を支えるサイエンスと消費者の安心感」
■講師
 大阪府立大学 食品安全科学研究センター 所長
 生命環境科学研究科 教授 三宅 眞実
【概要】
私達は生きるために食べなければなりません。その食べものが安全であることは、最低限の生活安全保障と言えます。ところがニュースを見ると、この食の安全が脅かされているようにみえます。果たして本当にそうでしょうか? もしそうだとして、私達はいま、何にどこまで気を付けて食品を選べば良いのでしょうか? 食品安全科学研究センターは「食品の安全・安心」を科学的に取扱うというスタンスから、食料の生産から消費者の口に入るまでの過程に存在する問題点を洗いだし、その解決策を探究しています。私達の使命の1つは、得られた情報を食に関わるすべての関係者に還元し、情報を共有することだと考えています。今回はこんなスタンスから、食の安全・安心に関するいくつかのトピックを紹介し、参加いただいた皆さんでこれらの問題を深く考えてみたいと考えています。

【第11回セミナー】
「小さな粒子の大きな働き―がんホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の新たな展開―」
■講師
 大阪府立大学 BNCT研究センター 所長
 21世紀科学研究機構 特認教授 切畑 光統
【概要】
現在、国内の死因の第1位はがんであり、人口動態統計では2015年にはがん罹患者数は年間89万人に達すると予測されています。また、高齢化が進む中で、70歳以上の罹患者が60%以上を占め、全身状態を悪化させない非侵襲的で、生命の延長や生活の質(quality of life: QOL)が維持できるがん治療が強く求められています。がん-ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)は、今から77年前に米国のLocherによって提唱された非侵襲的ながん治療法であり、優れた理論と有効性から次世代のがん治療として期待されています。BNCTは、予めがん細胞に集積させておいたホウ素薬剤に、副作用の低い熱中性子線を照射して、ホウ素薬剤が集積したがん細胞のみを破壊に導くがん細胞選択的な治療法です。従って、BNCTでは、ホウ素薬剤が果たす役割が大きく、がん細胞親和性を持ったホウ素分子の開発が重要です。このセミナーでは、私たちのホウ素薬剤の開発研究を中心に、BNCTの最近の進歩について分かりやすく解説します。

【第12回セミナー】
「看護が21世紀に果たす役割とそれを支援する工学的研究」
■講師
 大阪府立大学 看護システム先端科学研究所 所長
 工学研究科 教授 真嶋 由貴恵
【概要】
看護職の教育において、専門知識の習得のみならず適切な看護スキルを習得することが必要です。また、看護の評価は、例えば痛くない注射が打てるか否か等、技術の良し悪しで判断されることが多いため、看護スキルを習熟させる学習支援が求められています。そこで、まず教えるべき看護スキルの中の「わざ」や「暗黙知」を可視化することを行います。そのうえで,看護学生が主体的に自分で考え気づくことを促し、効果的に自己学習で看護スキルの習得ができるような学習支援システムを開発したいと考えています。本講座では、看護師や看護学生の考える静脈注射スキルの「コツ」のとらえ方の違いやスキルの間違いなどの具体例とeラーニングで学習する仕組みについて紹介します。

関連情報 21世紀科学研究所連続セミナー第10回、11回、12回セミナー詳細 (633KB)
定員 250名
対象者 どなたでも
受講料 無料
申込み期間 第10回セミナー締切 2014年1月3日(金)
第11回セミナー締切 2014年1月31日(金)
第12回セミナー締切 2014年2月28日(金)
(定員になり次第締め切らせていただきます。)
お問い合わせ 大阪府立大学 21世紀科学研究機構 
Fax 072-254-8154
Eメール 21c-headoffice[at]21c.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
お申込み方法

EメールもしくはFaxで、(1)氏名(ふりがな)・年齢、(2)郵便番号・住所、(3)電話番号(Faxにてお申込の方はFax番号もご記入ください)、(4)参加ご希望の講座の開催月をご記入の上、上記へお申込みください。