その他イベント

第87回テクノラボツアー「マテリアル工学研究の最前線」

開催日 2013年12月18日(水)13時30分~19時(受付13時~)
開催場所 中百舌鳥キャンパス
開催場所詳細 A12棟 サイエンスホール
概要

■13時 受付
■13時30分 開会挨拶と教室紹介          
 東 健司(工学研究科 マテリアル工学分野主任 教授) 
■13時40分 講演I「電子顕微鏡を用いた物質・材料研究」       
 森 茂生(工学研究科 マテリアル工学分野 教授)
■14時10分 講演II「高エネルギー励起反応場を用いた材料プロセシング」  
 岩瀬 彰宏(工学研究科 マテリアル工学分野 教授)
■14時40分 休憩
■14時50分 講演III「構造用金属材料の基礎研究と新材料開発」 
 沼倉 宏(工学研究科 マテリアル工学分野 教授)
■15時20分 講演IV「電解析出法によるバルクナノ結晶材料創製―しなやかな電鋳材料を目指して―」
 瀧川 順庸(工学研究科 マテリアル工学分野 准教授)
■15時50分 講演V「新規構造を持つバイオセラミックスの開発」
 中平 敦(工学研究科 マテリアル工学分野 教授)
■16時20分 休憩
■16時30分~17時15分 ポスターによる研究紹介
1)「制震ダンパー用超塑性Zn-Al 合金の高性能化」 
 上杉 徳照(工学研究科 マテリアル工学分野 講師)
2)「マグネシウム合金の溶接に関する研究」
 瀧川 順庸(工学研究科 マテリアル工学分野 准教授)
3)「ナノ構造制御による機能性マテリアルの創成」
 徳留 靖明(工学研究科 マテリアル工学分野 助教)
4)「新規バイオマテリアルの開発と応用に向けて」
 小野木 伯薫(工学研究科 マテリアル工学分野 助教)
5)「新規機能性材料の創製と機能開拓―材料構造物性研究グループの研究紹介」
 森 茂生(工学研究科 マテリアル工学分野 教授)
 石井 悠衣(工学研究科 マテリアル工学分野 助教)
6)「プラズマ窒化法によるチタン銅合金の表面改質」
 千星 聡(東北大学金属材料研究所 准教授、大阪府立大学客員研究員)
7)「レーザーコンプトン散乱による高エネルギー陽電子ビームを用いた材料診断法」
 堀 史説(工学研究科 マテリアル工学分野 准教授)
8)「イオンマイクロビームによる微細磁気パターンの作製」
 松井 利之(21世紀科学研究機構 教授)
9)「軽量・高強度・高成形性チタン被覆マグネシウム合金複合材の開発」
 井上 博史(工学研究科 マテリアル工学分野 准教授)
10)「耐熱性,耐摩耗性に優れた新規なNi 基金属間化合物合金」
 金野 泰幸(工学研究科 マテリアル工学分野 准教授)
11)「点欠陥の集積化を利用したナノポーラス酸化物の作製―中空粒子、ナノチューブ、ポーラス薄膜―」
 仲村 龍介(工学研究科 マテリアル工学分野 助教)
■17時30分~19時 交流会(B12棟 学生会館Ciel)

【主催】大阪府立大学産官学共同研究会
【共催】堺市産業振興センター
【協賛】大阪府立大学工学研究科金属系新素材研究センター、大阪府立大学21世紀科学研究機構ものづくりイノベーション研究所、同 信頼性計測科学研究所、堺商工会議所

関連情報 「大阪府立大学産官学共同研究会」WEBサイト
定員 60名
受講料 講演会及び交流会は、大阪府立大学産官学共同研究会会員は無料、協賛団体からの参加は、講演会およびラボツアーは無料ですが交流会費2,000円(消費税込)が別途必要。それ以外は講演会参加費3,000円(消費税込)、交流会参加費2,000円(消費税込)が必要となります。
(参加費は当日申し受けます)
申込み期間 2013年12月13日(金)まで
お問い合わせ 大阪府立大学大学院工学研究科リエゾンオフィス内
大阪府立大学産官学共同研究会事務局
Tel 072-254-7947 Fax 072-254-9206
Eメール eng-ro[at]iao.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
お申込み方法

上記関連情報の「大阪府立大学産官学共同研究会」WEBサイトの専用フォームよりお申込みください。