大阪府立大学

理学系研究科公開セミナー「最先端研究から明らかにされた細胞死のメカニズムと疾患との関連」

開催日
2013年12月7日(土)14時~16時30分
開催場所
中百舌鳥キャンパス
中百舌鳥キャンパス サイエンスホール(A12棟)
(注意)駐車場はありませんので、お車での来場はご遠慮ください。

中百舌鳥キャンパスのアクセス

本セミナーでは、日本を代表する生命科学者である長田重一先生を講師にお招きし、細胞死という観点から、生命機能を制御するメカニズムについてご講演いただきます。

【概要】
ヒトを含む高等生物では、1個の受精卵が分裂を繰り返して、成体へと成長する。その過程で、必要とされる細胞が増殖する一方、不必要な細胞は死滅する。また、成体においても、細胞増殖と細胞死を介して、多種多様な生理機能が維持されている。その調節システムの破綻は、疾患と深く関連している。

【講演】
「細胞死と死細胞の貪食」 
 長田 重一 氏(京都大学大学院医学研究科 教授)

【主催】大阪府立大学 理学系研究科

関連情報
定員100名(定員を超えた場合、入場を制限することがあります)
対象者どなたでもご参加いただけます。
受講料無料
申込方法事前申込は不要です。当日、ご自由にお越しください。
お問い合わせ〒599-8531 堺市中区学園町1番1号
大阪府立大学理学部・研究科支援室 「公開セミナー」係
Tel 072-254-9162