学会情報

2013年度 日本クルーズ&フェリー学会総会・講演会

開催日 2013年10月26日(土)10時30分~17時30分(10時 受付開始)
開催場所 中百舌鳥キャンパス
開催場所詳細 中百舌鳥キャンパス サイエンスホール
概要

【 スケジュール】
講演会 10時30分~12時
昼食休憩 12時~13時
理事会 12時~13時
総会 13時~13時20分
講演会 13時20分~17時30分

【講演会題目】(一部変更の可能性があります)
(1)東アジアにおける現代クルーズの成長
 ・現状とその将来性 池田 良穂(大阪府立大学)
 ・プリンセス・クルーズのアジアクルーズ 泉 隆太郎(株式会社カーニバル・ジャパン大阪事務所)
 ・ロイヤル・カリビアンの東アジア戦略と日本発着クルーズ 糸川 雄介(株式会社ミキ・ツーリスト)
 ・コスタ・イタリアンクルーズとアジアマーケット 久野 健吾(株式会社オーバーシーズトラベル)
 ・HIS グループのクルーズ戦略(仮題) 小林 敦(株式会社クルーズプラネット)
(2)おもてなしの神髄を極めた日本籍クルーズ客船
 ・にっぽん丸のクルーズの魅力(仮題) 山口 直彦(商船三井客船株式会社)
 ・ぱしふぃっくびいなすのクルーズの魅力(仮題) 東山 満(日本クルーズ客船株式会社)
(3)クルーズ客船を迎える日本の港湾
 ・巨大客船の離着岸の実態―船長の何倍の港内スペースが必要か― 小菅 雄紀(大阪府立大学)
(4)新造客船を見る
 ・LNG炊きエンジン搭載の大型フェリーの現状
 6 万トンのクルーズフェリー「バイキンググレース」乗船記 池田 良穂・小菅 雄紀(大阪府立大学)
(5)フェリーの省エネ化
 ・運航手法による省エネ化 宮崎 恵子(独立行政法人海上技術安全研究所)
 ・フェリーの最新技術動向について(仮題) 植村 洋毅(三菱重工業株式会社)
(6)世界最大客船「アリュール・オブ・ザ・シーズ」の印象 梅田 直哉(大阪大学)・淳子 夫妻
(7)ユーザー視点でクイーン・エリザベスを考える 堀江 珠喜(大阪府立大学)

【抽選会】

【船の絵葉書頒布会】
 客船の絵葉書ファンの方には、会場にて、種々の絵葉書をご購入いただけます。

関連情報 日本クルーズ&フェリー学会WEBサイト
日本クルーズ&フェリー学会チラシ兼参加申込書 (109KB)
受講料 【講演会】会員は無料。非会員は参加費3,000 円を会場にてお支払ください。
【総会】議決権は会員のみですが、傍聴いただけます。
(注意)団体会員の社員の方は会員としてご参加いただけます。
申込み期間 2013年10月25日(金)まで【申込み締切り延長】
お問い合わせ 【お申込み先】
〒599-8531 堺市学園町1番1号
大阪府立大学大学院 工学研究科 海洋システム工学分野
池田研究室気付 日本クルーズ&フェリー学会 事務局
(担当 山之内)
Eメール yamanouchi[at]marine.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
Fax 072-254-9914
お申込み方法

関連情報欄の申込書をEメール、Fax、郵送にて上記までお送りください。