その他イベント

21世紀科学研究所連続セミナー第7回、8回、9回セミナー

開催日 ■第7回セミナー
「ナノからマクロへ ―21世紀の物質・材料研究―」
2013年10月3日(木)
■第8回セミナー
「関係の中で立ち現われてくる「いのち」 ―ペルソナの哲学を構想する―」
2013年11月7日(木)
■第9回セミナー
「大学の歴史から見た大阪」
2013年12月5日(木)
(各回 10時30分~12時)
開催場所 I-siteなんば
開催場所詳細 大阪府立大学 I-siteなんば
大阪市浪速区敷津東2-1-41
南海なんば第1ビル 2階
(Zeppなんば大阪の東隣のビル北側の府大専用エントランスからお入りください)
概要

【第7回セミナー】
■「ナノからマクロへ ―21世紀の物質・材料研究―」
■講師
大阪府立大学 信頼性計測科学研究所 所長
工学研究科 教授 森茂生
【概要】
  私たちが日ごろ何気なく手にし、生活に深く入りこんでいるものの多くは、金属材料やセラミックス材料でできています。これらのものを日頃触ったり使ったりしていると、なかなか錆びないもの、とても硬いもの、電気を流すもの、流さないものや磁石にくっつくもの、くっつかないものなどのいろいろな性質を持っています。どうしてこのような性質をもっているのか、使われている材料については意外に知らないことが多いものです。外観だけみていても材料の性質はわかりません。そこで、外観だけ見ていてもわからないミクロの世界を、電子顕微鏡や最先端の分析装置を使って調べ、それぞれの材料の素顔を見てみましょう。ここで紹介する透過型電子顕微鏡は、1932年、ドイツのエルンスト・ルスカにより発明されました。ルスカは、1986年に「電子顕微鏡の基礎研究と開発」でノーベル物理学賞を受賞しています。「電子の波」を使った顕微鏡である電子顕微鏡を用いて、どのようにして原子の世界を見るかを説明し、実際の金属材料やセラミック材料の中の原子配列の様子を紹介します。
【第8回セミナー】
■関係の中で立ち現われてくる「いのち」 ―ペルソナの哲学を構想する―
■講師
大阪府立大学 現代生命哲学研究所 所長
人間社会学研究科 教授 森岡正博
【概要】
 交通事故のあった道端に、新しい花が毎日活けられているのを目にすることがあります。人々はどうしてそのような行為をするのでしょうか。死後の魂を信じていなくても、そのようなことをする人はいますし、花を手向ける人の気持ちは切々と伝わってきます。「いのち」は人間の身体の内部に実体として存在するのではなく、人と人とのあいだの関係のなかから立ち現われてくるのだというふうに考えることによって、新しい哲学の見方が生まれてきます。私はそれに「ペルソナ」という名前を付けました。「ペルソナ」はラテン語で仮面という意味です。その原初的な意味を振り返ることで、もっとも現代的な生命の問題に新鮮な光を当てることができるようになるのです。人のいのちの不思議を、論理的に考えてみる機会になればと思っています。
【第9回セミナー】
■「大学の歴史から見た大阪」
■講師
大阪府立大学 大学史編纂研究所 所長
21世紀科学研究機構 教授 山東功
【概要】
 高等教育機関としての大学の成立は、古くヨーロッパ中世にさかのぼることができますが、日本の場合は1886(明治19)年設置の帝国大学(後に東京帝国大学と改称、現在の東京大学)のように、明治以降になって本格的な姿を現しました。西洋近代化を重視した流れの中、学術や教育の中心的存在である大学は、極めて重要な位置を占めることになります。その意味で、大学の歴史を垣間見ることは、近代日本そのものを理解することにもつながってきます。ここに、大阪の歴史を重ね合わせてみると、1880年設置の大阪商業講習所や1883年設置の大阪獣医学教習所に代表される実学重視の土壌と大学とが、いかに密接なつながりを持っているのか、うかがい知ることができます。本講座では、日本における大学の歴史を振り返りつつ、明治近代化の流れを垣間見るとともに、中でも大阪という地において大学がどのような役割を果たしているのかについて解説します。

関連情報 21世紀科学研究所連続セミナー第7回、8回、9回セミナー詳細 (673KB)
定員 250名
対象者 どなたでも
受講料 無料
申込み期間 第7回セミナー締切 2013年9月27日(金)
第8回セミナー締切 2013年11月1日(金)
第9回セミナー締切 2013年11月29日(金)
(定員になり次第締め切らせていただきます。)
お問い合わせ 大阪府立大学 21世紀科学研究機構 
Fax 072-254-8154
Eメール 21c-headoffice[at]21c.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
お申込み方法

EメールもしくはFaxで、(1)氏名(ふりがな)・年齢、(2)郵便番号・住所、(3)電話番号(FAXにてお申込の方はFAX番号もご記入ください)、(4)参加ご希望の講座の開催月をご記入の上、上記へお申込みください。