公開講座

平成25年度堺市・大阪府立大学連携「連続セミナー―持続可能な現代社会の創造に向けて―」第2回

開催日 ・第2回セミナー「日銀による量的緩和政策の効果」
2013年8月10日 10時30分~12時
(受付 10時~)
開催場所 I-siteなんば
開催場所詳細 南海なんば第1ビル2階
〒556-0012 大阪府大阪市浪速区敷津東2丁目1番41号
・駐車場・駐輪場はありません。
・建物北側(ZEPP なんば側)の大阪府立大学専用入口からお入りください。
概要

大阪府立大学では、現代社会における様々な問題を多面的に捉え、持続可能な社会の構築に向け課題解決できる人材の育成を目指しています。また、持続可能な発展のための教育(ESD)そのものを教育・研究目的の1つとしています。これらの教育内容は、堺エコロジー大学が目指す「持続可能な環境共生都市の構築」に向けた環境教育・環境学習の理念と一致することから、堺市との連携により連続セミナーを開催することとなりました。これらを担う本学現代システム科学域、地域保健学域の教員を講師陣とし、「持続可能な現代社会の創造に向けて」という共通テーマで連続セミナー(全8回)を開催し、大阪府立大学が持つ知識・技能を広く市民の方に還元したいと思います。

第2回セミナー「日銀による量的緩和政策の効果」
講師 大阪府立大学 現代システム科学域 マネジメント学類 准教授 立花 実

今年の4月に黒田新日銀総裁のもと量的・質的金融緩和が実施されました。政策開始からまだ間もなくサンプル数が少ないため、この政策効果を現時点で定量的に評価することは不可能です。しかし、今回の緩和に先立ち2001年から2006年にかけて量的緩和策を実施した経験が日本にはあります。私は過去数年、共同研究者とともにこの期間の量的緩和策の効果を実証研究することに取り組んできましたが、本セミナーではその研究成果をご報告します。また、研究報告に加えまして、その内容を理解するために役立つ理論(学部レベル)や分析手法(学部上級~大学院2年生レベル)の知識もレクチャーする予定です。

関連情報 平成25年度堺市・大阪府立大学連携「連続セミナー―持続可能な現代社会の創造に向けて―」第2回チラシ兼申込書 (520KB)
定員 今回募集枠50 名(応募者多数の場合は抽選)
対象者 どなたでもお申込みできます。
受講料 無料
申込み期間 2013年7月31日(水)【必着】
お問い合わせ 〒599-8531 大阪府堺市中区学園町1-1
大阪府立大学 現代システム科学域支援室「連続セミナー」係
Eメール 3s-sem-b[at]ml.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
Tel 072-254-7361(ダイヤルイン)
Fax 072-254-9925
お申込み方法

「Fax」、「郵送」または「E メール」のいずれかで、「連続セミナー第2回」と明記し、(1)氏名(ふりがな)・年齢、(2)郵便番号・住所、(3)電話番号(日中連絡のつくもの)をご記入の上、お申込ください。
・連続セミナー全8回一括の申込は終了しました。
・第3回以降のお申込につきましては、順次WEBサイトやチラシで案内しますので、都度お申込ください。
平成25年度堺市・大阪府立大学連携「連続セミナー―持続可能な現代社会の創造に向けて―」全8回 WEBサイト
・携帯メールでの受付はしておりません。
・参加の可否(抽選の結果)は、開催日の約1週間前に連絡いたします。
・お申込の際の個人情報は、応募後の事務連絡、統計資料等の作成および本学公開講座等の案内以外に、一切使用いたしません。