公開講座

「同性愛者と人権」結婚と就労をめぐる、あんな話こんな話

開催日 2013年7月26日(金) 午後6時~午後9時
開催場所 I-siteなんば
開催場所詳細 大阪府立大学 I-site なんば( 南海なんば第1ビル2階 )C3室
〒556-0012 大阪府大阪市浪速区敷津東二丁目1番41号
概要

ゲイ弁護士カップル×レズビアン・コンサルタント×ゲイ米国総領事
「同性愛者と人権」
結婚と就労をめぐる、あんな話こんな話

【演者プロフィール】

・南和行さん&吉田昌史さん(弁護士)
「同性愛カップルで法律事務所を開いた弁護士」として朝日新聞朝刊(2013年4月11日)の「ひと」欄に登場した二人は、つきあって10年目の2011年に結婚式を挙げた。
しかし、日本の法律では同性婚が認められていない。
「結婚を選択したいのに法的に許されないのは自由がないということ。弁護士の中で議論の土壌をつくりたい。」と述べ、国内での法制化を目指すという。

・村木真紀さん (虹色ダイバーシティ・代表)
日系大手製造業、外資系コンサルティング会社等を経て、独立。LGBT(性的マイノリティ)と職場の問題に関する企業向けの講演、コンサルティングを手がける。
虹色ダイバーシティが実施した「LGBTと職場環境に関するアンケート調査」(回答者1125名)は、この手の大規模調査としては日本初。
こうした調査・講演活動、コンサルティングなどを通じて、LGBTがいきいきと働ける職場づくりをめざしている。

・パトリック・J・リネハンさん (米国総領事)
英語、日本語、韓国語、ポルトガル語を話す氏は、ゲイであることを公にしている上級外交官。
2011年に大阪・神戸アメリカ総領事館に総領事として着任。
ブラジル出身のエマーソン・カネグスケ氏とは東京で出会い、2007年にカナダで結婚した。
いじめやハラスメントを受けている性的マイノリティの若者にエールを贈る動画「It gets better」を作成し、米国総領事館の公式サイトで公開している他、メディアに多数出演、講演活動も行なっている。

当日、会場に毎日放送「映像‘13」(8月25日放送予定)の取材カメラが入ります。
一般参加者のプライバシーには最大限配慮いたしますが、あらかじめご了承ください。

主催 大阪府立大学・東優子研究室
後援 大阪府立大学地域保健学域教育福祉学類・大阪府立大学地域福祉研究センター・大阪府立大学女性学研究センター・NPO法人虹色ダイバーシティ・関西性教育研修セミナー実行委員会

関連情報 「同性愛者と人権」チラシ (224KB)
定員 50名
対象者 一般、学生
受講料 入場無料
申込み期間 なし。当日は定員オーバーすると立ち見になる可能性がございます。ご了承ください。
お問い合わせ 〒599-8531 堺市中区学園町1番1号 
大阪府立大学地域保健学域(教育福祉学類)東優子研究室
Tel 072-252-1161(代表)
Eメール higashi[at]sw.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
お申込み方法

申し込不要。