公開講座

公開講座 社会福祉学セミナー「いま、生活保護と生活困窮者支援を考える」

開催日 2013年3月3日(日) 14時~17時(13時30分より受付)
開催場所 中百舌鳥キャンパス
開催場所詳細 大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス B3棟1階117教室
概要

生活保護について、これまでの政策動向等を踏まえたうえで、生活保護を利用した経験のある方の経験と想い、望まれる支援とは何か、誰が支援を担うのか等、生活保護受給者を含む生活困窮者支援のあり方について、さまざまな角度から共に考えるシンポジウムを行います。本企画で多くの方が、生活保護についての正確な情報を学び、生活保護をめぐる議論に参加するきっかけとしていただきたいと考えます。
【シンポジスト】
藤田孝典さん(NPO法人ほっとプラス代表理事、社会保障審議会「生活困窮者の生活支援の在り方に関する特別部会」委員)
和久井みちるさん(もと生活保護利用者、「生活保護とあたし」(あけび書房)著者)
衛藤晃さん(全国公的扶助研究会事務局次長、神戸市兵庫福祉事務所)
【司会】嵯峨嘉子(大阪府立大学)
【主催】大阪府立大学、地域福祉研究センター、 ソーシャルワーク開発研究所、人間社会学部、地域保健学域教育福祉学類、大阪府立大学社会福祉学会
【共催】大阪府立大学人間社会学部「子育て教育系キャリア・コラボ力育成」コラボ支援推進室

関連情報 公開講座 社会福祉学セミナー「いま、生活保護と生活困窮者支援を考える」 (688KB)
定員 200名(お申し込みが定員を超えた場合、ご参加いただけない場合があります。)
受講料 無料
申込み期間 2013年2月28日(木)
お問い合わせ 大阪府立大学 地域連携研究機構 地域福祉研究センター
Eメールchiikifukushi[at]ao.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
お申込み方法

お名前とご所属を、ご記入の上、Eメールにて上記までお申込み下さい。
お申し込みの際の個人情報は、応募後の事務連絡、統計資料等の作成及び本学公開講座等のご案内に使用いたします。 利用目的以外の使用については、一切いたしません。