その他イベント

大阪府立大学発「金星の日面通過観望会」

開催日 平成24年6月6日(水) 12時~13時
(注意)
雨天時は中止となります。 
開催場所 中百舌鳥キャンパス
開催場所詳細 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス
サイエンスホール、A5棟屋上
(駐車場はありませんので、電車・バス等をご利用ください。)
概要

【概要】
 金環日食の興奮も冷めやらぬ中、来週6月6日は、金星が太陽の前を横切って行く「金星の日面通過」が見られます。これは金星が日食を起こすようなもので、日食メガネで見ると太陽を黒点のようになった金星が横切って行く様子を見ることができます。
 平成16年6月8日、日本では130年ぶりに日面通過がありましたが、全国的に天気が悪く、今回が21世紀最後の観望チャンスです。次回は105年後となる、先日の金環日食以上に稀な現象です。
【内容】
(1)太陽グラスを用いた日面通過の直接観測(太陽グラスを用意しておりますが、数に限りがあります)
(2)光学望遠鏡を用いて金星の日面通過をダイナミックに観測
(3)特殊な光(Hα線)を見る望遠鏡で観測
【主催】
 大阪府立大学 宇宙物理学研究室
 大阪府立大学 天文部
【後援】
 大阪府立大学 宇宙科学技術研究センター

関連情報 大阪府立大学発「金星の日面通過観望会」チラシ (339KB)
宇宙物理学研究室WEBサイト
対象者 どなたでも
受講料 無料
当日受付 受付は、サイエンスホール入り口に設営されます。ご来場される方は、まず、「サイエンスホール」にお越し下さい。中百舌鳥門から入られると便利です。
お問い合わせ (お問い合わせ)
大阪府立大学 宇宙物理学研究室
Tel 072-254-9726