その他イベント

関西宇宙フォーラム2012 「超小型衛星の開発と教育」

開催日 2012年3月24日(土) 13時~17時30分
開催場所 その他
開催場所詳細 大阪府立大学中之島サテライト(大阪府立中之島図書館横:地下鉄淀屋橋徒歩3分)
概要

【概要】
「まいど1 号」から「はやぶさの遥かなる帰還」へと、宇宙への夢はますます広がり、関西では大学発の小型衛星が再び宇宙をめざしています。大阪府立大学の学生たちが主体で開発する10cm、1kgサイズの超小型衛星OPUSAT(オプサット)が、2013年度にH-ⅡAロケットで打上げられることが決定しました。(超小型衛星OPUSATの詳細は、下記をご参照ください)
超小型衛星OPUSAT<小型宇宙機システム研究センター>WEBサイト
NPO法人関西宇宙イニシアティブと大阪府立大学の共催により、2012年の打上げをめざす大阪工業大学、2013年度の相乗り打上げが決まった香川大学と大阪府立大学、宇宙総合学研究ユニットを立ち上げた京都大学をはじめ、高専、高校、中小企業など超小型衛星開発や宇宙教育に関心を持つ人々が集い、未来を語るフォーラムを開催します。
基調講演では、先駆的ベンチャー、アクセルスペースCEOの中村友哉氏が、超小型衛星の将来ビジョンを語ります。

【プログラム】
■主催者・来賓挨拶
安保 正一(大阪府立大学副学長)、稲田 伊彦(KaSpI 副代表)
京都大学花山天文台長 柴田 一成 氏
■基調講演
株式会社アクセルスペースCEO 中村 友哉 氏
「超小型衛星が切り拓く新しい宇宙利用」
■パネルデイスカッション
テーマ:「関西発宇宙プロジェクトの発展をめざして」
パネリスト:大阪府立大学、大阪工業大学、香川大学、京都大学、
東大阪宇宙開発共同組合 (SOHLA)、
宇宙開発合同会社 (AstreX LLC.)、
株式会社創機システムズ (各団体ご代表)
コーディネータ:大阪府立大学 宇宙科学技術研究センター長 大久保 博志
【共催】
関西宇宙イニシアテイブ(KaSpI)
大阪府立大学・宇宙科学技術研究センター
本フォーラムは「大阪府立大学創基130年記念事業」として開催されます。
【後援】
独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)

関連情報 関西宇宙フォーラム2012「超小型衛星の開発と教育」詳細 (4.1MB)
受講料 無料
申込み期間 申込み不要