その他イベント

大阪府立大学創基130年記念事業「地域活性化研究センター開設記念シンポジウム」

開催日 2012年2月4日(土) 13時20分~17時
開催場所 その他
開催場所詳細 なんばパークス パークスタワー7F会議室A(大阪市浪速区難波中2-10-70)
概要

ビジネス紛争―企業、弁護士、ADR機関の立場から見た紛争とその解決―

【概要】
本学 地域活性化研究センターは、地域経済活性化等の地域課題について調査研究し、その成果を社会に還元することによって、地域の活性化を図ることを目的とし、平成23年4月に設置されたセンターです。
日本企業、とりわけ、大阪をベースに国内外に企業活動を展開している企業は、アジア諸国との取引に関心を持って、積極的に、取り組んでいます。通常の商取引に加えて、アジア企業・日本企業等のM&A、インフラ輸出、合弁設立による進出が増え、取引内容が複雑になるほど、紛争の生じる割合も増大しています。
そのため、地域活性化研究センターの開設記念時事業として、企業法務、仲裁機関、法律事務所、大学に籍を置く専門家が、さまざまな取引から生じるビジネス紛争を、どのような紛争解決方法で解決するのが適切であるかを議論するシンポジウム「ビジネス紛争-企業、弁護士、ADR機関の立場から見た紛争とその解決-」を開催します。

【プログラム】
第1部  講演(13時20分~15時)
・開会挨拶
山本 浩二(大阪府立大学 経済学部長、地域活性化研究センター長)
・講師
島岡 聖也(株式会社東芝 法務部長)
大貫 雅晴(日本商事裁協会 理事・大阪事務所長)
小原 正敏(きっかわ法律事務所 弁護士)
小休憩  15:00~15:20
第2部  パネルディスカッション(15時20分~17時)
・パネリスト
島岡 聖也(株式会社東芝 法務部長)
大貫 雅晴(日本商事裁協会 理事・大阪事務所長)
小原 正敏(きっかわ法律事務所 弁護士)
・コーディネーターおよび司会
澤井 啓(大阪府立大学 経済学部、地域活性化研究センター教授)
閉会 挨拶
小原 望(日本仲裁人権協会関西支部長、弁護士)

関連情報 地域活性化研究センター紛争解決シンポジウムチラシ  (189KB)
定員 100名
対象者 本学学生・院生・教職員および一般府民、弁護士等 
受講料 無料
申込み期間 2012年2月3日(金)
お問い合わせ 日本商事仲裁協会 大阪事務所
Fax 06-6946-8865
Eメールosaka[at]jcaa.or.jp [at]の部分を@と差し替えてください。    
(注意)お申し込みの際の個人情報は、本シンポジウムの事務連絡、統計資料等の作成に使用いたします。上記目的以外の使用は一切いたしません。
お申込み方法

(1)会社・事務所名、(2)郵便番号 住所、(3)電話番号、(4)FAX番号(5)メールアドレス及び所属(役職)、参加者名(ふりがな)、年齢を記して、EメールまたはFaxで上記へお申し込みください。