その他イベント

第10回研究会 RIMEDシーズ発掘講演会

開催日 2011年12月6日(火) 14時~
開催場所 中百舌鳥キャンパス
開催場所詳細 学術交流会館 多目的ホール
概要

【主催】
大阪府立大学分子エレクトロニックデバイス研究所

【共催】
大阪府立大学ニュー・フロンティア材料研究会

【プログラム】
“開会のごあいさつ”  池田浩(工学研究科)

14時~14時50分
特別講演 大須賀秀次(和歌山大学システム工学部准教授)
“多置換ベンゾジチオフェン誘導体の合成と物性~特異な発光機能の発現~”

14時50分~15時30分
特別講演 太田英輔(大阪府立大学大学院工学研究科助教)
“特異な動的酸化還元挙動を示す新規有機π電子系”

(休憩)

15時40分~15時55分
岡島利幸(理学系研究科)
“QM/MM法を用いたClass C β-ラクタマーゼにおけるアシル化反応の理論的解析”

15時55分~16時10分
鎌田尚也(理学系研究科)
“青色燐光イリジウム錯体に関する理論的研究”

16時10分~16時25分
酒井敦史(工学研究科)
“置換基の立体サイズに依存する有機ボロン錯体の結晶構造と固体発光特性”

16時25分~16時40分
大垣拓也(工学研究科)
“光反応を利用したチオフェン縮環型多環芳香族化合物の合成”

16時40分~16時55分
高田智成(工学研究科)
“オリゴフルオレン骨格をシクロメタル化配位子に組み込んだりん光性白金(II)錯体の合成と発光特性”

16時55分~17時10分

大上俊彦(工学研究科)
“ビナフタレン系ビス-カルバゾール誘導体をモノマーに用いたOLED用ホストポリマーの合成”

17時10分~17時25分
高木譲一郎(工学研究科)
“塗布型有機トランジスタの薄膜表面,基板界面におけるキャリア輸送特性”

17時25分~17時40分
新家渉(工学研究科)
“電場変調吸収分光によるP3HT:PCBMバルクヘテロ接合型有機太陽電池の解析”

17時50分~
ポスター発表および懇親会

“閉会のごあいさつ” 小関史朗(理学系研究科)

関連情報 「第10回研究会 RIMEDシーズ発掘講演会」ポスター (301KB)
受講料 無料
申込み期間 当日受付あり
お問い合わせ 理学系研究科(21世紀科学研究機構 分子エレクトロニックデバイス研究所)
小関 史朗
Tel・Fax 072-254-9702
Eメール shiro[at]c.s.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。