その他イベント

第5回NanoSquareワークショップ

開催日 2011年9月30日(金)13時~16時35分
開催場所 中百舌鳥キャンパス
開催場所詳細 B3棟 118大講義室
概要

文部科学省「テニュアトラック普及・定着事業」、「地域の大学からナノ科学・材料人材育成拠点」プログラムによるテニュア・トラック特別講師国際公募は今年度、第5期を迎えました。
5回目となります今回のワークショップでは、拠点の概略、学外審査委員の基調講演、現在ナノ科学・材料研究センターに所属する第3期と第4期の特別講師5名の研究紹介講演を行います。学外評価委員、学外関係者などをお迎えし、公開形式(英語を公用語として実施)にて開催いたします。

【プログラム】
13時~13時5分
奥野 武俊(理事長・学長) 「開会の挨拶」

13時5分~13時20分
石田 武和(プログラム・オフィサー) 「年次報告」

13時20分~14時10分
R.マグナッソン(テキサス大学アーリントン校教授)
基調講演「漏洩モード共鳴フォトニクス:応用プラットホーム」

14時10分~14時20分
休憩

14時20分~14時40分
小菅 厚子(テニュア・トラック講師)
「バルク熱電材料のナノ構造化」

14時40分~15時
牧浦 理恵(テニュア・トラック講師)
「表面/界面を利用した超分子ナノ構造体の構築」

15時~15時20分
床波 志保(テニュア・トラック講師)
「センサ応用のためのマイクロ・ナノ空間の創製」

15時20分~15時40分
許 岩(テニュア・トラック講師)
「分子、細胞レベルのマイクロ・ナノインターフェースと集積化デバイスの創成」

15時40分~16時
八木 俊介(テニュア・トラック講師)
「酸化物材料の選択的合成のための電解法による局所pH制御」

16時~16時30分
外部審査委員からのコメント

16時30分~16時35分
安保 正一(理事・副学長) 「閉会の挨拶」

関連情報 「地域の大学からナノ科学・材料人材育成拠点」WEBサイト
定員 200名
対象者 一般
受講料 無料
申込み期間 定員になり次第締め切らせていただきます
お問い合わせ 大阪府立大学 文部科学省「テニュアトラック普及・定着事業」
「ナノ科学・材料人材育成拠点」プログラム事務局
担当 坪井
Tel 072-254-8278(内線2354)
Eメール nanosquare[at]21c.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
お申込み方法

「Tel」または「メール」で、事務局までお申込みください。