その他イベント

七夕講演会と天体観望会

開催日 平成23年7月6日(水)17時30分~20時
開催場所 中百舌鳥キャンパス
開催場所詳細 サイエンスホール(A12棟)と、その周辺
概要

本学では、七夕にあわせて、下記のとおり公開講演会「暗黒星雲の正体」、「『かぐや』が明らかにした月の正体」と天体観望会を下記の通り実施いたします。多くの方々のご参加をお待ちしております。
【内容】
■17時30分~18時15分 公開講演会「暗黒星雲の正体」
講師 大阪府立大学 前澤 裕之准教授
■18時15分~19時 公開講演会「『かぐや』が明らかにした月の正体」
講師 宇宙航空研究開発機構 岩田 隆浩准教授
■19時~20時 光学望遠鏡を用いた天体観望会 (雨天中止)
「月と土星の観望会」
■19時~20時 Mitakaを用いた4次元宇宙体験シアター
「4次元宇宙散歩」
(用語解説)Mitaka:国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクトで開発している、天文学の様々な観測データや理論的モデルを見るためのソフトウェア。地球から宇宙の大規模構造までを自由に移動して、宇宙の様々な構造や天体の位置を見ることが可能。
(参考)国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト
(注意)駐車場はありませんので、お車での来場はご遠慮ください。

【主催】
大阪府立大学 大学院理学系研究科 宇宙物理学研究室、
大阪府立大学 宇宙科学技術研究センター、
大阪府立大学 天文部
【共催】
日本天文学会、天文教育普及研究会 、
理論天文学宇宙物理学懇談会、
光学赤外線天文連絡会

関連情報 七夕講演会・観望会詳細 (2.9MB)
七夕講演会WEBサイト
定員 200名(定員をこえた場合、講演会場への入場を制限する場合があります)
対象者 どなたでも(講演内容は中学生以上向けです)
受講料 無料
申込み期間 申込不要