学会情報

宇宙科学技術研究センター特別講演会

開催日 2011年7月5日(火)16時30分~18時
開催場所 中百舌鳥キャンパス
開催場所詳細 工学研究科航空宇宙工学分野 305講義室(A9棟)
概要

2011年3月に行われた第1回国際超小型衛星群ミッションアイデアコンテストで優勝に輝いた小型衛星ミッションについての特別講演会を開催します。
本学は、工学研究科小型宇宙機システム研究センターを軸に、学内の宇宙関係や環境観測研究者、関西宇宙イニシアティブ、京都大学など関西他大学とと共同で平成21年度の「文科省超小型衛星研究開発事業」に応募し、「陸海空のマルチ地球観測と宇宙への市民参加をめざす超小型衛星」を提案しました。採択には至りませんでしたが、中間赤外・熱赤外カメラとGPS電波掩蔽受信機を組み合わせたゲリラ豪雨の予測などの気象観測ミッションは斬新なもので、今回の受賞提案は、三菱電機若手グループにより、このアイデアを発展させ、新たに提案されたものです。
なお、本講演会は日本航空宇宙学会関西支部研究分科会「航空宇宙システムのダイナミックスとデザイン」(主査:本学千葉 正克教授)の平成23年度第1回研究会として共催されます。

【講演】
「超小型衛星群を利用した気象・精密測位複合ミッションの提案」
佐藤 友紀 氏、柏 宗孝 氏
(三菱電機株式会社 先端技術総合研究所)

【主催】
日本航空宇宙学会関西支部研究分科会
「航空宇宙システムのダイナミックスとデザイン」
大阪府立大学 宇宙科学技術研究センター

関連情報 宇宙科学技術研究センター特別講演会 (190KB)
対象者 どなたでも参加いただけます
受講料 無料
お問い合わせ 工学研究科航空宇宙工学分野
大久保博志 (内線2250)
Eメール okubo[at]aero.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。