大阪府立大学

知識情報システム学類の学生チームが「データ解析コンペティション」関西予選で優秀賞を受賞

更新日:2015年5月13日

知識情報システム学類の森田ゼミのチーム「ホワイトサンド」(メンバー:楠本 広樹、酒井 瑞樹、宮本 聖矢)が、日本マーケティングサイエンス学会「市場予測のための消費者行動分析研究部会」の主催による平成26年度データ解析コンペティション関西予選において優秀賞を受賞しました。

「データ解析コンペティション」は、平成6年より「共通の実データを元に、参加者が分析を競う」ことを目的として開催されています。POSデータのような取引データや、生活者の意識を調査したアンケートデータなど提供し、これまで20年にわたり続いています。

本年度は、小売業の2つのデータが提供され、およそ100チームで競われました。

関連リンク

お問い合わせ

現代システム科学域支援室

Tel 072-254-7361(直通)