公立大学法人大阪府立大学

「第5回副首都推進本部会議をうけて」学長からのメッセージ

 平成28年8月22日に開催されました第5回副首都推進本部会議におきまして、新大学についての検討経過の報告がなされました。

 このたびの案は、両大学の強みを活かし、新たな機能を強化・充実することにより、従来の公立大学の枠を超えたスケールで大阪に貢献するというものです。

 大阪府立大学では、これまでも異分野融合でOPUインキュベーションモデルとして提唱し取組みを進めてきましたが、これを技術イノベーションとしてさらに強みを出していくことが示されました。

 都市シンクタンク機能については、今回、府市がこれまで以上に大学と積極的に連携するという意思を示していただきましたので、大阪の発展や課題解決に向け、取組みを加速させていきます。

 また、新大学の教育組織については、学生ニーズ、社会ニーズにあわせて新法人が決定していく考え方が示されましたので、この方向で検討を進めてまいります。

 今後、市立大学とも連携のうえ、学内関係者やステークホルダーの皆さまのご意見も参考にしつつ、魅力ある新大学の実現に向けてさらに議論を深めてまいります。

 なお、新大学開学までは、入試については大阪府立大学として実施し、また、入学から卒業までの教育カリキュラム、授与される学位についても影響を受けることはありません。

平成28年8月23日

公立大学法人 大阪府立大学

理事長・学長 辻󠄀 洋

副首都推進本部(大阪府Webサイト)