公立大学法人大阪府立大学

大阪府立大学工業高等専門学校から防災士が誕生

更新日:2014年10月22日

独立行政法人国立高等専門学校機構明石工業高等専門学校(校長 京兼 純)は近畿地区7高専連携の防災教育プロジェクトとして「防災リテラシー」授業を行っています。そのプロジェクトの一環として、大阪府立大学工業高等専門学校(校長 藤原 徳一)は、平成26年度から夏期集中講義として授業の提供を受けました。この授業は、日本防災士機構の認定を受けており、この授業を受けた者は防災士試験を受験することができます。

去る10月11日(土)に防災士試験が本校で実施され、受験者26名全員が合格通知を受けました。今後、合格者は、登録手続きを経て正式に防災士となる予定です。このように高等専門学校生が学校単位で受験し、合格したのは初めての事例です。

なお、奈良工業高等専門学校も本校と同様、10月12日(日)に防災士試験があり、15名全員が合格しました。主管校の明石工業高等専門学校も来春に実施の予定です。

防災の基礎知識を持った学生を「防災士」として、まとまって世に出すことができるようになったことで、今後、多くの高等専門学校生が専門分野や地域、学校、職場で、防災のリーダーとして活躍していくことが期待できます。

関連リンク

お問い合わせ

大阪府立大学工業高等専門学校

担当 中矢、土井、田中

Tel 072-821-6401