公立大学法人大阪府立大学

本学名誉教授が平成29年春の叙勲を受章

更新日:2017年4月29日

2017年4月29日、平成29年春の叙勲受章者の発表があり、本学名誉教授3名が受章されました。

瑞宝中綬章

南 努(みなみ つとむ) 名誉教授(元大阪府立大学理事長・学長)

室津 義定(むろつ よしさだ) 名誉教授(元大阪府立工業高等専門学校長)

瑞宝小綬章

植村 輿(うえむら たかし) 名誉教授

皆さまおめでとうございます。

南 努 名誉教授コメント

春の生存者叙勲におきまして、瑞宝中綬章をいただき、大変嬉しく思っています。私は、1年間アメリカに留学したときを除いて、学生時代から大阪府立大学で48年間過ごしました。今回の受章はこの間における教育・研究に対する実績が評価された結果であると思います。その評価のもとになった研究成果は、研究室の素晴らしいスタッフ、学生、大学院生、共同研究者らの支えによって得られたものであり、恵まれた研究環境とともに、これら多くの方々に心から感謝しております。今回の受章を契機に、今後とも、世の中の役に立つことができればと願っています。

【南名誉教授 略歴】

1964年3月 大阪府立大学工学部応用化学科卒業
1966年3月 大阪府立大学大学院工学研究科応用化学専攻修了
1966年4月 大阪府立大学助手、その後、講師・助教授を経て
1986年4月 大阪府立大学教授、その後、学生部長・工学部長を歴任
2001年7月 大阪府立大学長(2005年3月まで)
2005年4月 公立大学法人大阪府立大学理事長・学長(2009年3月まで)

室津 義定 名誉教授コメント

この度、瑞宝中綬章を受ける光栄に浴し、心から喜んでいます。これも偏に、その時々に多くの皆さまから頂いたご指導、ご支援の賜物であります。研究においては、良き大学、良き師、同僚および学生に恵まれて、いくつかの分野でささやかな成果をあげることができました。また、大学および高専の管理運営において、職務上の時宜にかなった役割を果たせたことは、関係者の皆さまのご理解とご協力のお蔭でございます。これらの方々に心から感謝申し上げます。

【室津名誉教授 略歴】

1963年3月 大阪府立大学工学部航空工学科卒業
1963年4月 大阪府立工業高等学校教諭(定時制課程)
1965年4月 大阪府立大学大学院工学研究科修士課程航空工学専攻修了
1968年4月 大阪府立大学助手、その後、講師・助教授を経て
1982年4月 大阪府立大学教授、その後、大学評議員・工学部長を歴任
1999年4月 大阪府立工業高等専門学校長(2006年3月まで)

植村 興 名誉教授コメント

この度、瑞宝小綬章をいただくことになり、大変恐縮しています。大阪府立大学でお世話になった45年間に私の我がままを見過ごしていただいた多数の師・同僚・職員・技師・学生の皆さんにお詫びするとともに心から感謝を申し上げます。今、度量の大きな環境で働けた幸せをかみしめています。私は、(人々のwell-beingの維持・向上をめざす)公衆衛生の実践活動として、食リスクゼロ、捨て猫ゼロ、犯罪・非行ゼロの、3つの目標に向って身命をささげてきましたが、今回は、一歩前進、それで“よろしやん”ということで、世間に認めていただいたのかな、と喜んでおります。社会には人を引き付ける未知のテーマが無数にあります。これからは、次代を担う若者の英知と奮起による一歩、二歩、百歩の前進を見ることを楽しみにしたいと思っております。

【植村名誉教授 略歴】

1963年3月 大阪府立大学農学部獣医学科卒業、大学院農学研究科を経て
1964年7月 大阪府立大学助手、その後、講師、助教授を経て
1992年4月 大阪府立大学教授(2004年3月退職)
2005年4月 四條畷学園大学リハビリテーション学部教授(2016年3月まで)

お問い合わせ

広報課 広報グループ

Tel 072-254-9103(直通)