社会貢献

産学官連携推進制度 受託研究について

受託研究とは、民間機関等から研究、試験、試作及び調査等を委託費用を受け入れて行うものです。

受託研究 イメージ図

知的財産権の取扱い

受託研究の結果生じた知的財産権の帰属等については、受託研究契約書及び公立大学法人大阪府立大学知的財産権取扱規程(平成17年4月1日公立大学法人大阪府立大学規則第44号)に定めるところになります。

具体的には

創出が考えられる知的財産権

発明者が本学教員であることから受託研究により創出された知的財産権は本学教員又は本学に帰属します。

実施に対する考え方

創出された知的財産権の実施に対しては、次のものが考えられます。

  • 通常実施権
  • 優先的実施権(通常実施権ではあるが優先的実施期間中大学は第三者に対する実施許諾を行わないもの)
  • 独占実施権、専用実施権(製品等使用する範囲を限定する場合もあります。)

手続き

受託研究を行うための手続きは次のとおりです。

受託研究を行うための手続き 相談、申請、学内審査、承認、契約、研究費の受入れ、研究開始、研究終了