社会貢献

BNCT研究センター

センターの概要

次世代のがん治療として注目されているホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の進展には、がん細胞に集まるホウ素薬剤の開発研究が不可欠です。大阪府立大学とステラファーマ株式会社は、なかもずキャンパス内に、世界初のホウ素薬剤開発に特化した研究拠点として「BNCT研究センター」を、国や堺市の支援を活用して建築整備しました。

BNCTの世界的な広がりを見据え、ホウ素薬剤の品質評価をはじめ、がん検査・診断へのホウ素薬剤の利用、新たなホウ素薬剤の開発などを核とする革新的な研究開発事業を、最新の機器を整備して戦略的に展開していきます。また、関連機関と連携してBNCTの人材育成も積極的に行なっていきます。

センターWebサイト

BNCT研究センター