学生生活

障がいのある学生の支援

本学では、障がいがあることを理由にして、授業や学校行事への参加など学習機会が失われることのないように修学上の支援を行っています。(障がい学生支援の理念・基本方針等をまとめた「障がい学生支援ガイドライン」を策定しています)

1.アクセスセンター(相談・支援の窓口)

障がい者手帳の有無、障がいの種類や程度、「障がい」という名称の有無にかかわらず、大学生活を送るなかで何らかの不自由さを感じる学生本人や周囲の学生・教員からの相談に、専任のコーディネーターが応じています。もし、履修、試験、学生生活において心配事や悩みがあれば、アクセスセンターにお越しください。相談によって知り得た個人情報は、支援の目的以外には使用しません。

2.支援内容

  • ノートテイク(PCテイク)
    耳が不自由なため先生の話を聞き取れない場合、筆記に困難のある場合等、授業中の音声を筆記(パソコン入力)してその場で文字にして伝える支援を行います。(学生アシスタントによる支援)
  • 移動介助
    教室間や雨天時屋外等の学内移動をする際に、車椅子をおしたり、荷物を持ったりするなどの支援を行います。(学生アシスタントによる支援)
  • コミュニケーションサポート
    授業等における周囲の人間とのコミュニケーション補助、場面に応じた説明・声かけ等を行います。(学生アシスタントによる支援)
  • 就職相談
    キャリアサポート室と連携し、障がいのある学生を対象とした就職情報の提供等を行います。
  • その他
    定期的に面談を行い、必要に応じて支援を行います。特に最近では、対人関係等のコミュニケーション面において困難を持つ学生本人、関係者からの相談が増えています。心配のある方は、気軽に相談してください。

3.支援者の育成

養成研修

  • ノートテイク等の支援活動についての技法や知識を学ぶことができる研修を受講していただきます
  • 修了後、希望者はアシスタントとして登録を行い、支援活動に従事できるようになります

支援活動

  • 授業の空き時間を利用して活動していただきます
  • 活動を希望する曜日コマを学期ごとに申請していただきシフトを作成します
  • 担当の決まった曜日コマについては、調整の上、毎週もしくは隔週のペースで活動していただきます
  • 活動に取り組む学生に対し、大学から所定の謝金が支払われます

4.身近な場面での手助け

キャンパス内外で、体が不自由な人の手助けをする際の方法について、参考にしてください。

5.教職員の皆さまへ

「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」が2016年4月1日から施行されることに伴い、「公立大学法人大阪府立大学における障がいを理由とする差別の解消の推進に関する規程」を策定いたしました。障害を理由とする差別の解消の推進に向けて、教職員が適切に対応するために必要な事項を策定しましたので、公表します。

6.障がい差別解消にかかる不服等の相談員について

障がいを理由とする差別の解消の推進に関して、障がい者およびその家族、その他の関係者からの苦情や不服相談等に的確に対応するため、相談員を配置しています。

お問合せ先

【相談・支援窓口】
アクセスセンター
中百舌鳥キャンパス A3棟(学生センター)1階
Tel 072-254-9867(直通) Tel 5123(内線)
Eメール opuac[at]ao.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。【障がいを理由とする差別の解消の推進に関する制度について】
総務部 人事課 人事グループ
Tel 072-254-9105(直通) Tel 2112(内線)