学生生活

授業料の減額または免除(一般学生)

学業優秀と認める者で、やむを得ない事情により授業料の納付が困難な場合には、授業料を減額または免除する制度があります。

対象者

学業優秀と認める者で、次のいずれかに該当する者。

  1. 生活保護法第6条第2項に規定する要保護者の子弟
  2. 上記の要保護者に準ずる程度に困窮していると認められる者の子弟
  3. 長期の疾病、生業の不振または失業のため生計が著しく不良となり、学資の支弁が困難な者の子弟
  4. 天災その他の災害により学資の支弁が困難な者の子弟
  5. 独立して生計を営んでいる学生で、1から4までの「の子弟」を削ったものに該当する者

申請方法・申請場所

申出手続(受付番号を交付します)をし、成績基準による審査を満たした場合、所得審査を受けることができます。「授業料減免申請書」を交付しますので必要書類を添えて提出してください。 外国人留学生については、先に配布する「授業料減免申請書」に各種証明書等の必要書類を添えて申請してください。

(注意)対象者の5については、学生課学務グループに相談してください。

申出・申請は、各キャンパスで受付します。

  • 中百舌鳥キャンパス:学生課学務グループ
  • 羽曳野キャンパス:事務所学生グループ
  • りんくうキャンパス:事務所学生・教務担当

申請時期

申請受付は各期ごとに行い、各キャンパスの学生関連の掲示板、学生ポータル(お知らせ)および本学Webサイト(在学生の皆さまへ「新着ニュース」) で申出手続、受付日時等必要事項をお知らせしますので、見落としのないように注意してください。

ただし、長期履修生で期間短縮希望者が授業料残額について減免を希望する場合は、期間短縮届の提出と併せて減免申出の手続を行ってください。

授業料は各期ごとに定められた期日に引落しされますが、授業料の減額または免除申請者については、減額または免除の可否が決定されるまでの間は、引落しはされません。

審査の結果「減額」または「却下」と判定された場合は、当該授業料相当額が引落しされます。

適用基準

成績基準

学域生

前期は前年度までの累積成績、後期は当年度前期までの累積成績を基に学類(専攻のある学類においては専攻)で上位2分の1以上

ただし、入学年度の前期は入試成績を基に学類(専攻のある学類においては専攻)で上位2分の1以上

学部生

前期は前年度までの累積成績、後期は当年度前期までの累積成績を基に学科において上位2分の1以上

大学院生

単位取得状況に研究状況を含めた総合評価(研究業績資料の提出が必要)

ただし、入学年度の前期は入試成績での評価

所得基準

ご家族の所得を集計した額(所得認定額)と生活保護基準における最低生活費を比較し、次の基準で減免判定を行います。

成績 所得認定額が最低生活費以下 所得認定額が最低生活費の1.3倍以下
上位3分の1以上 全額免除 半額免除
上位3分の1未満2分の1以上 半額免除 適用外
上位2分の1未満 適用外

お問合せ先

学生課 学務グループ
Tel 072-254-8415