教育・研究

初年次ゼミナール 教員インタビュー

飛田国人先生「自分の中にものさしを持つ」

あらゆる対象の独自評価軸の考案と評価、その領域での位置づけを行うのが、飛田先生のゼミ。あらゆる対象とは、あなたが興味のある世界(食べ物、漫画、旅行など)。難しく考えずにOKです。ゼミが終了する頃には、アイデア職人になれるかも?

詳しいインタビューはこちら

大平桂一先生「身体技法の探求」

太極拳・自彊術をはじめとする世界各国の身体技法についての調査発表が中心ですが、なんと身体を使った実践の場があるとか。ゼミで体得できるという、身体によるプレゼンテーションのある種の技術って? 詳しい内容について大平先生にお聞きしました。

詳しいインタビューはこちら