教育・研究

初年次ゼミナール

入学して初めての「ゼミ」 初年次ゼミナールって何?

入学して初めてのゼミ『初年次ゼミナール』 – 初年次ゼミとは?

『初年次ゼミナール』は、15~20人の少人数で取り組む初年次前期の全学必修科目です。
1つのテーマについての議論に自発的に関わることで、
大学生活に必要な『能動的な学びの姿勢』をスタートの段階で身につけることができます。

グループディスカッションの様子

プレゼンテーション資料を作成

地元産業を見学

1.自発的な学習で知見が広がる!

1つのテーマについて深く考察し、自分から情報を集め、提案・企画・発表するのが初年次ゼミ最大の特徴。自己研究や他者の意見とのすりあわせなどを通して、知見と知識が広がります。

講義の動画はこちら

2.90以上のテーマから選べる!

授業は全学域の教員が担当し、テーマは文系・理系を問わない豊富なラインナップ。自らの専門を超えて、90のテーマから興味ある分野を自由に選択できます。
(注)希望が集中した場合は抽選

90以上のテーマ

こんなゼミあります!

3.「その先」の役に立つ!

他者の意見を傾聴し、自らの意見を伝える事からチームワークの重要性、ディベートやプレゼンの方法まで、「大学生の学び」や社会人になっても役立つ主体的なチカラが身に付きます。

教員インタビュー

4.学域を超えて、交友関係が生まれる!

スタート時で他学域・学類の学生と深く関わりながら学べる貴重な授業。グループワークなどで自分とは異なる考えや価値観にハッと気づくことも。
ずっと続く仲間となれます。

先輩インタビュー