教育・研究

FD活動の取組み(高等教育開発センター)

高等教育開発センターについて

従来の日本の大学は、「教育と研究」を理念としてきました。しかし、近年、教育より研究に重点を置く教員が多いことが批判されています。学生が講義を理解できないことは、学生の理解力の不足にあるのではなく、教員の教育への意識の低さにあるという主張もされています。本学の高等教育開発センターは、大阪府立大学が、このような弊害をなくし、研究のみならず、「教育」に力点を置いた大学になるために平成17年度に設置されました。

高等教育開発センターは、教育内容・方法の改善に組織的・恒常的に取組む FD(ファカルティ・ディベロプメント) 等を推進します。本学の教育の質の向上を進める活動としては、たとえば学生に対して授業アンケートを実施し、学生の多様なニーズを汲み上げる、といった方策を行います。また、国内外の大学でのFD活動との連携・交流や国際交流の推進を行います。

このセンターを中心にして、教員の講習・研修活動などを通じ、新大学の授業の質の向上を目指す活動が行われます。また、新しい教育プログラムの開発などが行われます。