教育・研究

学術情報センター 使命

大阪府立大学学術情報センター(以下、学術情報センター)は、本学の基本理念「高度研究型大学―世界に翔く地域の信頼拠点」を達成するうえで不可欠な学術情報基盤として常に一層の充実を図ることを使命とする。

その使命を果たすべく、学術情報センターは、本学における教育研究を支援するため、また国内外の学術研究コミュニティに貢献するために、知的資産である学術情報資源と新たに創生される学術研究成果を収集、整理、保存し、それらに関連の情報を発信し、それらの活用に関わるレベルの高い学術情報サービスを提供することをめざす。上記に言う「新たに創生される学術研究成果」は当然ながら本学での成果を含む。知の創生の現場である大学にあって、その発信元として、大学機関ならではの使命をになうのが学術情報センターである。

また、本学の教育研究環境ならびに事務情報システム等の情報基盤の高度化に貢献するために、先進的ビジョンをもって情報システムの研究、開発を行い、情報メディアの活用に関わる高度で安定した情報通信サービスを提供することをめざす。

学術情報センターは、そうしたサービスを必要に応じて広く地域社会にも供することにより、地域社会の知的向上に資する。