本文へジャンプ

教育・研究

観光産業戦略研究所

設置目的

観光立国が国家戦略として位置づけて以降、国内各地で観光教育への関心がたかまっている。関西にあっても観光に関する学部や学科を設置する大学が増える傾向にあり、今後、大学間の競争が激化することが想定される。いっぽうで大学院レベルでの高等教育機関は関西にはなく、観光分野を主導する人材の育成を求める産業界の声に応えることができていない。

いっぽうで調査研究分野にあっても、関西における産官学の連携は不十分である。観光産業に関する調査研究を行なう組織の開設は、産業界および地域社会に貢献するものと考えられる。

本研究所は、高度研究型大学を目指す大阪府立大において、観光に関する高等教育を学内および学外に提供するためのセンター機能を担いつつ、広義のツーリズムに関わる産業および観光政策全般に関する調査研究を深化させることで、観光研究の高度化と研究成果の蓄積をはかり、ひいては地域社会への貢献を果たすことを目的に設立するものである。

研究内容の概要

日本の観光産業は転機にある。国策に応じて海外からのビジターが増加するなかで、ホスピタリティーの向上や地域コンテンツの再評価が求められている。いっぽうで都市型ツーリズム、ヘルスツーリズムやグリーンツーリズム、エコツーリズム、ヘリテイジツーリズム、ボランティアツーリズムなど、いわゆるニューツーリズムに注目が集まるなか、従来の観光産業の枠組みを越えて、地域ブランドに関わる産業、食や地域コンテンツなど文化産業の振興にも注目が集まっている。

本研究所では、新たなツーリズムの動向を受けつつ、観光関連の諸団体、NPOや自治体の関連組織を窓口とする産官学連携ないしは地域連携型の研究開発を実施、また観光統計の整備・分析、ケーススタディの蓄積などを行なう。観光学の理論的研究とともに、実学としての観光学の実証研究や実務への応用を積極的に推進する。

構成員

所長

橋爪 紳也 (経済学研究科 教授)

研究員
区分 教授 准教授 特認教授
経済学研究科 吉田 順一
上村 隆広
花村 周寛-
21世紀科学研究機構 --池田 良穂
客員研究員
機関 役職 氏名
--尾家 建生
株式会社グローバルトゥエンティワン代表取締役松村 勉
一般財団法人森記念財団普及啓発部長礒井 純充
株式会社インプリージョン事業開発本部長母倉 修
戎橋筋商店街振興組合事務局長山本 英夫
韓国 建国大学非常勤講師金 錦香
株式会社ハル副社長執行役員中村 あつ子
株式会社都市魅力研究所代表取締役
中国 常州大学専任講師殷 娟
株式会社Energy Labo代表取締役松岡 一久
中国 浙江大学教授李 杰
有限会社デコラティブモードナンバースリー代表取締役服部 滋樹
阪南大学 国際観光学部教授松村 嘉久
株式会社グローバルミックス代表取締役勝見 博光

設立年月日

平成20年(2008年)4月1日

観光産業戦略研究所Webサイト

観光産業戦略研究所

観光産業戦略研究所が独自に運営するページです。