入試案内

中百舌鳥キャンパス

中百舌鳥キャンパスとその周辺

総面積465,267平方メートルという敷地面積は、なんと甲子園球場12個分!その広大な敷地に広がる多種多様な植物や生物に包まれた自然豊かなキャンパスです。地下鉄御堂筋線「なかもず」駅や南海高野線「白鷺」駅が最寄り駅で近畿全域からのアクセスも比較的良く、高度な教育研究と豊かな自然環境を併せ持つ、学びのシーンもリラックスシーンも充実できるキャンパスです。周辺も昔からの商店や住宅街も多く、落ち着いたエリアです。

中百舌鳥キャンパスとその周辺

キャンパス内のおすすめスポット

田村 樹さん 人間社会学部人間科学科4年 (注意)2014年当時

専攻はジェンダー論。男らしさといじめ問題との関連性について研究を進める。課外活動では友好祭実行委員会に所属、広報担当部署の責任者を務める。4年生の春より学生主体の大学広報誌「ミチテイク」の編集活動にも参加。2015年4月からは東京で広告関係の仕事に就く予定。

府大池(園池)

府大池(園池)
府大池(園池)
府大池(園池)

春は桜、秋は紅葉と、四季折々の自然に触れることができるのが中百舌鳥キャンパスの魅力。その中心的な存在ともなっているのが、キャンパス内にある園池(通称:府大池)です。ベンチなども多くあり、池のほとりでホッと一息入れながら、ゆっくり休憩したり思考をめぐらせたりできます。

ラーニングコモンズ

ラーニングコモンズ

ラーニングコモンズとは、学生の自主的な学習=アクティブ・ラーニングを支援するためのスペースで、自習、グループミーティング、プレゼンテーションの練習など、利用目的に合わせてグループでも一人でも、さまざまな使い方ができます。無線LANやプロジェクターが完備。B2棟とC5棟の2ヶ所にあり、授業のある日や休業期間中に合わせて早くて17時まで、遅くて21時まで利用できます。詳しくは利用案内のページを見てください。

生協食堂

生協食堂

利用時間
平日8時15分~19時30分/土曜日11時00分~13時45分

中百舌鳥キャンパス最大の食堂。好きなメニューをセルフサービスで注文するカフェテリア形式。学内公募で「フダイニング」という愛称に決定しました。

ベーカリーカフェ(シエル)

ベーカリーカフェ(シエル)

利用時間
平日9時00分~16時30分

府大池に面したシエルで、オリジナルブレンドのコーヒーや自家製のパンを提供しています。落ち着いた雰囲気でじっくりと考え事をしたり、友だちとゆっくり話をする時におすすめ。他にも生協が運営している喫茶店がキャンパス内に2ヶ所ありますよ!

(注意)利用には生協(大阪府立大学生活協同組合)の組合員としての加入が必要です。
(注意)なお生協施設は、大学の休業期間中は営業時間が変わるので、その都度チェックしてください。

他にも図書館など、いろいろな施設があります。詳しくは入学後に配付される「学生生活の手引き」などで調べてみよう!中百舌鳥キャンパス「豊富な経験と人との出会い」

キャンパス周辺

中百舌鳥キャンパスがある堺市中区は、最寄り駅の南海白鷺駅や地下鉄/南海中百舌鳥駅から続く街道に沿って、古くからの商店や住宅が立ち並ぶエリアです。
通学途中にある様々な店舗では古くから府大生を見守ってきてくれたお店も多く、それらのお店でランチを食べたり、楽しく懇親会をしたりと、大学生活の中で近隣エリアと交わる機会は非常に多いと思います。
また、堺市中心地にも距離的に近く、鍛冶屋や寺院など中世に栄えたエリアを散策したり、仁徳天皇陵をはじめとする数多くの古墳群を眺めたりと、文化的な刺激に富んだエリアです。
Webマガジン「ミチテイク・プラス」では、不定期に近隣のお店や文化なども紹介していきます。ぜひチェックしてみてください!

中百舌鳥キャンパス周辺