学域・大学院・機構

生命環境科学部

平成24年度から学部・学科の募集を停止し、新たに学域・学類として募集を行っています。
大学院 生命環境科学研究科の募集はこれまでと変わりなく行っています。

独創的・先駆的な「知」の創造拠点として、さらに発展します。

生命現象の解明と多面的な機能の利用

生命環境科学部のイメージ図

農学が培ってきた学問を発展させ、従来の農学の概念を超えた総合的な生命環境領域の教育・研究を行うため、先端バイオサイエンス分野を重点化するとともに、関連する学問領域を融合させた学部として、農学部から生命環境科学部に変わりました。

生物の多彩な生命現象の解明とその多面的な機能の利用をめざして、バイオサイエンス・バイオテクノロジー、そして生命を育む地球環境の保全と創成についての基礎教育を行い、産学官の各分野において活躍できる人材の養成をめざします。

学科紹介

生命機能化学科

あらゆる生物を対象に、化学を基盤とした生命科学に関する基礎から応用にいたる幅広い教育研究を通して生命・環境・健康を理解し、よりよい暮らしを創造します。

→養成する人材

バイオサイエンスとバイオテクノロジーに関する知識と技術を国際的視野に立って応用できる人材

生物情報科学科

ゲノム情報解析を基にして生命活動を統合的に理解する研究、生体機能分子の設計、合成、利用のための情報科学や分子設計の研究、さらに生物生産・生命環境の高度システム化の研究を行います。

→養成する人材

バイオサイエンスから情報・基礎工学までを習得し、バイオをはじめ幅広く産業界で活躍できる人材

植物バイオサイエンス学科

食料や医薬品・工業原材料、環境の修復素材などとして利用される資源植物の開発と改良、実用化のための原理と技術についての専門教育を行います。

→養成する人材

アグリビジネスや植物産業で活躍できる人材

緑地環境科学科

緑地環境科学は、生態学・環境学・社会科学を融合させた新しい学問領域です。都市や自然の緑地環境の計測や診断、保全や創造、管理に関する理論や技術開発に取り組みます。

→養成する人材

緑地環境を診断・保全・創成し、豊かで持続的な循環型社会の実現に貢献できる人材

獣医学科

獣医療や公衆衛生の分野に加え、食の安全、創薬、動物関連バイオテクノロジー、人獣共通感染症などの諸問題に適切に対応できる高度な獣医学教育を行います。

→養成する人材

高度な学識と技能を備えた獣医師と研究者
拡大する獣医学関連領域の諸問題に対応できる獣医師と研究者