学域・大学院・機構

人間社会学部

平成24年度から学部・学科の募集を停止し、新たに学域・学類として募集を行っています。
大学院 人間社会システム科学研究科(平成28年度より名称を変更)の募集はこれまでと変わりなく行っています。

みんなと違っててもいいんじゃない!人間社会学部 言語文化学科 人間科学科 社会福祉学科

人間社会学部は大阪府立大学総合科学部(人間科学科・総合言語文化学科)と社会福祉学部(社会福祉学科)、そして大阪女子大学の人文社会学部(人文学科・人間関係学科)を統合再編することによって生まれた学部です。

この学部には言語文化学科、人間科学科、社会福祉学科の三学科が設けられています。人文・社会・福祉という幅広い分野にわたって、粒ぞろいの先生たちがユニークな研究を展開しています。

学科紹介

言語文化学科

言語はコミュニケーションの手段ですが、読み、書き、話すことによって、はじめて人は思考を深めることができます。あやなす文章はことばの並びや用法に工夫をこらし、そこに美を見いだしています。それらは視覚的にも美しく、耳にもまた心地よく響きます。

→養成する人材

中学高校教員(国語、英語)、司書、司書教諭、学芸員、言語を表現の手段とする仕事につく人、言葉について深く考えることのできる人

人間科学科

人間って何だろう。人間の社会のつくりあげた思想、歴史、宗教、社会、文化を追究していくことは、とても楽しい作業です。それはひいては自己とは何かを問うことにもつながっていくのでしょう。

→養成する人材

中学または高校の教員(社会、公民、国語、地理歴史)、人間について思索できる人、ものごとを専門的な立場をはなれて総合的に考えられる人

社会福祉学科

社会の弱者を認めるところから社会福祉の研究は出発します。人のために生きる道を模索することは自分を向上させることにもつながります。障害者、エイズ、貧困問題等々、自分の研究成果を社会に還元できるテーマは無限に存在します。

→養成する人材

高校教員(福祉)、社会福祉士、精神保健福祉士、保育士、社会福祉主事、児童福祉司、児童指導員、知的障害者福祉司、身体障害者福祉司など。
(注意)そのまますぐになれるわけではありません。任用資格や受験資格も含んでいます。